ゲームソングアニメソングで活躍中の大島はるなさんが、6月22日(水)にシングル「ハイスペックDays」で待望のメジャーデビュー


【『ワガママハイスペック』主題歌を歌う大島はるなさんインタビュー】の写真付き記事はこちら
 表題曲はTVアニメワガママハイスペック』の主題歌であり、「吹雪」(TVアニメ艦隊これくしょん -艦これ-エンディングテーマ)を手がけた斎藤悠弥氏と、「This Game」(TVアニメノーゲーム・ノーライフオープニングテーマ)を手がけた若林充氏がタッグを組んで制作された楽曲。カップリングとして、パターンA(ジャケットアニメ Ver.)には「Miracle Heart!!」が、パターンB(ジャケット大島はるな Ver.)には「放課後アメージンッKiss」が収録されています。

 今回、リリースを間近に控えた大島さんに、メジャーデビューの心境や各楽曲の聴きどころなど、さまざまなお話をうかがいました。

 
■ 「ハイスペックDays」はライブで一緒に盛り上がりたい疾走感のある楽曲

――メジャーデビューおめでとうございます。まずは、今の率直な気持ちをお聞かせ下さい。

大島はるなさん(以下、大島):まだ実感はないんですが、メジャーデビューは目標のひとつでしたので素直に嬉しいです。それと同時に、歌うことにもっともっと魂を注いでいかなければと思いました。


――メジャーデビュー、ひいてはアーティスト活動は小さい頃からの夢だったのでしょうか?

大島:歌うことは小さい頃から好きでした。でも、もともとはお芝居に興味があって、お芝居をしていたんです。ある時、「ライブに出てみないか」と言われてステージで歌ったら「人前で歌うのって楽しい!」と思って。そこからお芝居より歌に興味が出て、アーティストへの道を進んできました。


――歌唱だけでなく作詞もされているんですよね。

大島:やらせていただいています。私は文章を書くのが得意というわけではないので、伝えたいことや日々思っていることをわかりやすい言葉で書くのが自分のスタイルだと思っています。


――アニメ関連では、例えば『蒼き鋼のアルペジオ』の「蒼きココロで」(歌:イオナ[CV. 渕上舞])の作詞を大島さんが担当しています。

大島:そうなんです。アニメゲームキャラクターソングの作詞もやらせていただきました。キャラクターの気持ちを表現するという意味では、お芝居をやってきて良かったです。

 
――そして今回待望のメジャーデビューシングルが発売となります。表題曲「ハイスペックDays」を最初に聴いた印象はいかがでしたか?

大島:疾走感があってめちゃくちゃ格好いい曲だなと思いました。最近のアニソンは疾走感のある曲が多いですけど、爽やかさと疾走感がこれだけ溢れている曲は少ないと思うので、そこが一番のポイントですね。



――斎藤悠弥氏と若林充氏がタッグを組んだ楽曲という点も注目ですね。

大島:お二人は一緒に仕事をされていることが多いそうで、アレンジが上手くハマったといいますか、音が足されていくにつれてかみ合っていく感じがあって。私自身もワクワクながら完成を待っていました。


――レコーディングではどのようなことを意識しましたか?

大島:シンプルな中に洗練された格好良さが詰まった楽曲なので、私の歌声が音負けしたら嫌だなと。もともとエッジが効いているというよりも、柔らかくほんわかした声を活かして歌ってきたので、声が埋もれてしまわない音作りを課題としてレコーディングに臨みました。声に注目して聴いていただけたら、新しい大島はるなを発見出来ると思います。


――ライブで盛り上がる様子が目に浮かぶ楽曲でもありますよね。

大島:そうなんです。ライブではこうやりたいとたくさん浮かんでくるので、レコーディング中から皆さんとの掛け合いが聞こえてくるようでした。


――実際のライブではどのような感じなのでしょうか?

大島:みんなで一緒にコールをしたい部分があるんですが、初見では難しいと思うのでカンペを使って練習してから披露しています。ぜひ一緒にコールを叫んでくれたら嬉しいです。予習しなくとも気持ちがあれば楽しめますので!


――TVアニメタイアップという嬉しさもあったのでは?

大島:すごくあります! 私はアニソンで育ったようなもので、小さい頃は「毎週末にレンタルビデオ屋さんに家族全員で行って借りてきて次の週に返す」というのを10年ぐらいやっていたんですよ。なので、テレビから私の歌が流れるのは本当に夢のようです。


――ではオンエアを見た時には?

大島:もう、(カメラで)連写ですよね(笑)。自分の名前が出たところを撮って、母親に「見て見て!」と送ってはしゃいでいました。

 
女の子の想いが生みだす奇跡、そして甘酸っぱい青春を歌っています

――カップリング曲の「Miracle Heart!!」は大島さんが作詞をされています。詞に込められたテーマを教えて下さい。

大島:“女の子の想いの奇跡”を表現して書かせていただきました。言霊じゃないですけど、「こうなって欲しいな」と思いながら行動するとそれに向かって人生が動いたりするじゃないですか。くよくよ考えたり悩んだりすることもあるけど、やりたいことや、なりたい自分を思い浮かべて突っ走っていこうよ、というテーマになっています。


――ちなみに、作詞する際はどのような感じで書くのですか?

大島:普段は日々の自分の想いを等身大で書くことが多いですが、作品が関わっている曲の場合、その作品の世界やキャラクターになりきって書きます。「Miracle Heart!!」に関して言うと、作品はもちろんですが楽曲自体のイメージも強かったので、作品の世界観が60%、楽曲の世界観が40%ぐらいですね。


――感覚的なものもあるのでしょうか。

大島:そうですね。感覚的なことで言うならば、この曲は可愛い感じもあるので“ロックパステルピンク”というイメージで書いています。


――では、この曲のメロディ的な聴きどころは?

大島:個人的にはやはりサビですね。聴いていると前向きになれますし、すごくワクワクしてテンションの上がるサウンドになっていますので、めちゃくちゃオススメです。それから、Bメロの終わりで、低いところからググッと上がってサビに入るのもすごく好きなんですよ。

 
――もう1曲の「放課後アメージンッKiss」はとても爽やかな楽曲です。

大島:歌詞にも学生時代を思い出す単語が盛り込まれていて、女の子可愛いところや、甘酸っぱい青春の爽やかさが詰まった楽曲になっています。


――本当にくすぐったくなるぐらいですよね。

大島:そうなんですよ。「目を閉じたら 放課後アメージンッKiss」ですから(笑)。歌っていても、こういう恋をしたいなと思いながら自分でキュンキュンしてしまいます。それから、Aメロ前などにある「La La Love ?」の部分もたまらなく可愛いです。


――歌い方もすごく澄んだ感じなのが印象的でした。

大島:最初、すごく可愛く歌おうとしたら爽やかさが足りないなと思って。でも、あまり爽やかに歌いきってしまうと今度は可愛さが足りなくて、可愛さと爽やかさを上手くミックスするのが難しかったです。他の2曲がロックサウンドな分、この曲の爽やかさは際立つのではと思います。

 
■ 歌も作詞も、声優のお仕事も頑張りたいです!

――今後はどのようなアーティストを目指していきたいですか?

大島:私はやっぱりライブが大好きなので、みんなと一体になれるステージ、みんなと心を通わせられる音楽を歌っていきたいと思っています。それが目指すところですし、やっていて一番楽しいと思う瞬間なんです。


――発売日である6月22日にはリリースイベントを行い、ライブも披露するそうですね。

大島:メジャーデビュー当日なので気負うところもありますが、サンシャイン噴水広場を幸せでいっぱいにしたいです。もちろん曲を覚えてもらいたいし、いっぱい聴いて欲しいです。でも、それ以上に「なんか楽しかったな」と思ってもらえる時間を作りたいと思っていますので、ぜひ遊びにきてください!


――歌以外の活動への意気込みもお聞かせ下さい。

大島:作詞も続けていきたいですし、声優のお仕事も少しずついただくようになりました。小さい頃は声優や女優を目指していて、やっぱり私は表現することが大好きなんですよね。演技も歌も表現することじゃないですか。いつも思うのは声優さんの歌は息遣いや歌詞の表情のつけ方が本当に魅力的なんです。アーティストとして進歩するためにも、声優も頑張っていきたいなと思っています。


――大島さんの憧れの人は?

大島:榊原ゆいさんです。歌も声優もやられていて、声は素敵ですし、表情のつけ方もそうなんですが、フレーズを作りこむことに関しては本当にプロですよね。短いところにこれだけの表現と情報量を詰め込んでくるのかと、感心させられます。


――曲から少し離れて大島さん個人のこともお聞きします。自分自身はどのような性格だと思っていますか?

大島:結構人見知りなんだけど、すごく人と仲良くなりたい、という性格です(笑)。人前に立つと緊張して変なことを喋ってしまうんですよね。ライブでも、最初は緊張してあまり上手くしゃべれないんですけど、途中から急に調子にのったりして(笑)


――ぜひライブでそういう姿も見てもらいたいですね。それでは最後に、読者へメッセージをお願いします。

大島:ずっとアニソンを歌いたいと言って活動してきたので、やっとその目標に足をかけることが出来てすごく嬉しいです。「歌えたからいい」ではなくて、もっともっと自分を磨いて、憧れたステージで納得の出来る歌をみんなに届けていくために精進したいと思います。頑張ります!

 
リリース情報

大島はるな
「ハイスペックDays
2016年6月22日(水)発売

パターンA(ジャケットアニメ Ver.)
TECI-506 / 定価:¥1,111+税 / シングルCD

 
パターンB(ジャケット大島はるな Ver.)
TECI-507 / 定価:¥1,111+税 / シングルCD

 
>>大島はるなテイチクエンタテインメント公式サイト
>>大島はるな公式Twitter

 
アニメイトタイムズの人気記事!

「あなたに元気や癒やしをくれる声優さんアンケート」結果発表!

『ジョーカー・ゲーム』EDテーマ歌うアーティストに迫る

「永遠にみんなとライブハウスで遊んでいたい」LISAさんが語る、これまでとこれから

最新『僕のヒーローアカデミア』一番くじ情報!

緑川光さんがマニアックに愛を語りつくす!