「裏切り者」といえば新約聖書に登場する「ユダ」が一番有名でしょうか。「裏切り」という行為でキャラが際立つためか、「裏切り者」には一種の魅力があるものです。アニメ作品にもさまざまな「裏切り者」が登場します。今回は、裏切り者キャラピックアップしてみました。
*……以下の記事には各作品のストーリー展開を記載した部分があります。了解の上、お読みください。

ベクター
⇒『遊☆戯☆王ZEXAL

バリアン七皇の一人で実力者ですが、平気で人を陥れるという非常に難のある性格です。人をいかに陥れるかということばかり考えているような人物で、そのための苦労は全くいといません。人を負かしたり、追い詰めたりするためなら、長く時間がかかっても正体を伏せて活動するなど、忍耐力を発揮するのです。裏切りなど卑劣な手段を駆使しても、主人公九十九遊馬たちには勝てませんでしたが……。

●グリフィス
⇒『ベルセルク

優れた腕の騎士・指揮官で、傭兵(ようへい)集団『鷹の団』のリーダー。幾多の戦功を立てる中、ミッドランド王国で重きを成すようになります。しかし、幽閉され、手足のけんを切られ、舌を抜かれるという拷問を受け、彼の夢はついえてしまいました。その絶望からグリフィスは、それまで自分と一緒に行動してきた『鷹の団』のメンバーをいけにえに差し出し、自らは超越者ゴッドハンドの一員に転生するという裏切りを行うのです。

シャア・アズナブル
⇒『機動戦士ガンダム

いわゆるファーストガンダムといわれるTVシリーズの中には、シャアの華麗な裏切りシーンが登場します。それまで優秀なパイロット指揮官として振る舞っていたシャア少佐は、ガルマ・ザビを陥れるような行動に出ます。結果、地球連邦軍・ホワイトベースの手にかかってガルマ・ザビは戦死してしまうのです。最後の瞬間にガルマは「…シャア、謀ったな。シャア」とその裏切りをなじりましたが、後の祭りでした。

ニナ・パープルトン
⇒『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY

本作のヒロインで、主人公コウ・ウラキと親密な仲になります。が、主人公が敵対しているアナベル・ガトーとかつて恋人関係にあったことが明らかになり、徐々に雲行きが怪しくなってきます。最後の作戦中、ニナは元彼・ガトーをかばって今彼・コウに銃口を向けてしまうのです。最後に元彼に走った裏切り者、という展開で、エンディングに何食わぬ顔で登場(OVA版)するなどしたため、ニナの評判はあまり良くありません。

●風見博士
⇒『宇宙大帝ゴッドシグマ

この作品の主役メカ「ゴッドシグマ」と新エネルギートリニティエネルギー」を開発した偉大な科学者ですが……。普通、ロボットアニメで主役メカの開発者といえば、科学的知見を発揮して味方を助けるもの。しかし、この風見博士は物語終盤で自分の科学的探究心のために「トリニティエネルギー」を手土産に敵に寝返ろうとします。定石破りの展開でしたが、博士の行動は視聴者をぼうぜんとさせるものでした。

ムスカ
⇒『天空の城ラピュタ

ラピュタ探索を行う特務機関の人間で、モウロ将軍と行動を共にしますが、その目的はあくまでも個人的な野心にありました。ラピュタコントロールできる力を手に入れたとたん、それまで一緒に行動していた軍隊を裏切ります。部下や軍人をラピュタから空中へ放り出し、空中戦艦・ゴリアテを撃沈。人が落ちていく様を見ながら「見ろ! 人がゴミのようだ!!」とうそぶきました。

峰不二子
⇒『ルパン三世

超絶ナイスボディーの女盗賊で、ルパン三世との関係は「時には味方」「時には敵」というミステリアスなもの。自分の欲望のためには平気で裏切るという性格で、実際ルパン三世を出し抜くことも多々あります。次元大介石川五ェ門からは、一緒に仕事をするのを嫌がられることが多いですが、不二子自身はそんなことはあまり気にしていないようです。

裏切りにもいろいろあるものですね。シャアのように裏切りの後もしれっと物語に登場して活躍を続け、多くのファンがいるようなキャラもいます。「裏切り者」だけで済まない、魅力あるキャラであれば、シャアのように愛され続けるのでしょうね。あなたは、アニメに登場する「裏切り者」というと、誰を思い浮かべますか?

Photo(C)FreeDigitalPhotos

(高橋モータース@dcp)