上坂すみれさん演じる特型駆逐艦「吹雪」の成長と艦娘たちの関係性を中心に描いたTVアニメ艦隊これくしょん艦これ‐」と、重厚なムード漂う予告編で話題を呼んだ今回の「劇場版 艦これ」。TVシリーズ劇場版とでは、ストーリーテイストは大きく変わっているのだろうか?

【写真を見る】上坂さんのピュアな表情に釘付け!グラビア写真をチェック

「世界観は同じなんですけど、TVシリーズで成長した『吹雪』や艦娘たちが次に目標とする海域で異常事態が起きてしまうんです。今までの『艦これ』のお話と一線を画す、ちょっと重厚なドラマ展開になっていると思います」

劇場版には、迫力のバトルシーンなどさまざまな見どころがある。

「TVシリーズでは登場しなかった艦娘も加わっているので、もしかしたら提督(ファン)の皆さんのお好きな艦娘がスクリーンデビューしているかもしれません。あとは、『吹雪』の劇中のとあるシーンでのやり取りに注目してほしいですね。少し成長した『吹雪』が相手を優しく包み込んであげるといった、TVシリーズではあまり見たことのない姿も描かれます。そんな『吹雪』の成長ぶりに期待していただきたいです」

TVシリーズの放送から約2年、『吹雪』の成長と自身の成長が重なっていると感じることも―。

「『吹雪』を最初に演じたのは、まだデビューしたばかりのころで、すべてがいっぱいいっぱいな時期だったんです。でも今は私も少し大人になり、いろいろな役を経験して“普通の子を演じるって難しいなぁ”ということを学んだり…。そういう部分では『吹雪』とリンクしているような感覚がありますね。でも、劇場版での『吹雪』は、とってもかっこよく困難に挑んでいるので、今では彼女の背中を見つめているような感じがします」

自身も“提督”として、原作ブラウザゲームプレイしている上坂さん。彼女が「艦これグッズへ注ぐ深い愛も語ってくれた。

「自分で集めているグッズの中では、フィギュアが一番多いです。今日、撮影で一緒になった“ねんどろいど”の『吹雪』がかわいすぎて、もともと欲しいと思っていたのですが、より一層その思いが強くなりました(笑)

本作をはじめ、今や幅広い層が楽しむエンターテインメントとなったアニメーション。一人のファンとして、上坂さんはアニメの魅力をどう感じているのだろう。

アニメには“希望”や“勇気”といったものを描いてくれる作品が多いところが、素敵だなって思います。観た後にすごく力をもらえるし、そういった作品に私もすごく勇気づけられて“声優になれたらいいな”って夢を持つことができたんです。最初、家族には反対されがちだったんですけど、アニメの力に後押しされて、声優になれて本当に良かったなぁと思います。そういう意味では『劇場版 艦これ』は、普段あまりアニメを観ない方にとって、もしかしたら“衝撃的な出会い”になるかもしれません。“こういうのってアニメファンの人が観るんでしょ?”と切り離してしまうと、本当にもったいないですし、アニメファン素晴らしいですから!ぜひこの映画をきっかけにアニメファンに、そして、提督になりましょう(笑)。最近は女性提督も多くなってきたと思いますし、『セーラームーン』に憧れてコスメなどのコラボ商品に惹かれたりする時代ですからね。艦娘たちからちょっとパワーをもらったり、“こんな風にかわいくなりたい”とか…。艦娘たちをきっかけにいろんな角度から楽しんでもらえるのが『艦これ』だと思いますので」

週刊東京ウォーカー+(プラス) 34号では、SP企画「上坂すみれロシア料理デート」他、グラビア写真も多数掲載。気になる人は今すぐチェック

【東京ウォーカー編集部●取材・文=中村実香/撮影=桑島智輝/スタイリスト=佐野夏水/ヘアメイク=長岐瑞穂】

「劇場版 艦これ」で主人公・吹雪の声を演じる上坂すみれさん