イブニング(講談社)にて「レッド」を連載中の山本直樹が、5月13日に東京・目黒区センターホールで開催されるシンポジウム「浅間山荘から四十年 当事者が語る連合赤軍」に出演する。

このシンポジウムは、連合赤軍事件から40年が経過したことを契機に開催されるもの。当事者を交えて映像やトークで当時を振り返り、事件について再考する。パネリストには山本のほか、ドキュメンタリー映画監督の森達也、作家の雨宮処凛など複数の著名人や活動家ラインナップされた。一般参加者は、当日渡される連合赤軍関連文献の資料集代として999円が必要。詳細は記事末のリンクから確認を。

浅間山荘から四十年 当事者が語る連合赤軍

日時:2012年5月13日(日)13:30~18:00 ※延長あり
会場:目黒区センターホール
住所:東京都目黒区目黒2-4-36

「レッド」6巻