出来不出来の差が激しい実写映画。過去を振り返ると、『るろうに剣心』のように好評なものもあれば、原作ファンから激しい非難を浴びるような作品もありました。原作ファンだからこそ、実写化するならしっかり作りこんでほしいと思うもの。では、来年2017年公開の実写映画において、もっともクオリティが心配されている映画というと、一体、何になるのでしょうか? 今回、大学生アンケートをとって調べてみました。


あなたの熱中度を判定!「オタク気質」診断

2017年公開の実写映画で一番クオリティが心配な映画はどれですか?

第1位 「鋼の錬金術師」 36人(9.7%)
第2位 「銀魂」 34人(9.2%)
第3位 「ジョジョの奇妙な冒険」 32人(8.7%)
第4位 「一週間フレンズ。」 27人(7.3%)
第4位 「きょうのキラ君」 27人(7.3%)

もっと得票数が多かったのは「鋼の錬金術師」。世界観が独特で、アニメも大人気でしたが、実写化となると難しい部分が多いのでは? と不安な人が多いのでしょうね。早速、それぞれの意見を見ていきましょう。

●第1位 「鋼の錬金術師

アニメが人気なので、ハードルが高いと思うから(女性/18歳/大学1年生
主人公イメージと違うから(女性/22歳/大学4年生)
・現実感がもともとないアニメ実写化しておもしろいのか不安(男性/21歳/大学3年生)
・実写ではアニメの迫力さが出せないと思うため(男性/22歳/大学4年生)

●第2位 「銀魂」

時事ネタモノマネが見れないのではと思うから(男性/20歳/大学2年生)
・あの独特な世界観は実写になったら壊れてしまいそうだから(女性/20歳/短大・専門学校生)
・人気のある作品なので、受け入れられない人もいるのではと思うから(男性/25歳/大学4年生)
・ちゃんと実写化できているか不安だから(男性/19歳/大学1年生

●第3位 「ジョジョの奇妙な冒険

・CGをどこまで使うのか不安(女性/20歳/大学2年生)
・実写では難しそう(女性/22歳/大学4年生)
・あの独特な世界観を再現するのは難しそうだから(女性/19歳/短大・専門学校生)
・人気な漫画を実写にするのはとても難易度が高いしアクションシーンも多いから(女性/20歳/大学2年生)

●第4位 「一週間フレンズ。


・漫画のほんわかした世界観を崩さないでほしい(女性/18歳/大学2年生)
実写化はどうかと思うから(女性/20歳/短大・専門学校生)
・全部不安(男性/19歳/短大・専門学校生)
・失敗の予感がする(男性/20歳/大学1年生

●第4位 「きょうのキラ君」

・なんとなくうまくいかなそう(女性/19歳/大学1年生
主人公役の声が納得できない(女性/18歳/大学1年生
・期待できない(男性/20歳/短大・専門学校生)
・おもしろく無さそう(女性/22歳/大学4年生)

●その他

・「新宿スワン2」。実写化が難しそう(男性/23歳/大学院生
・「咲-saki-」。絵が個性的だから(男性/22歳/大学4年生)
・「咲-saki-」。予告のようなものを見たけど微妙だったから(女性/23歳/短大・専門学校生)
・基本的に2次元実写化して成功したためしはないと思う(女性/24歳/大学院生

「世界観が壊れそう」との意見が多数! 自分のお気に入りの漫画が、人気先行のキャスティングやしょぼいCG技術によって台無しにされる……。そんなことになったら、ちょっと悲しすぎますもんね。

いかがでしたか? 「基本的に2次元実写化は成功しない」との意見も出た今回のアンケート。たしかに、漫画の実写映画で、うまくいった作品というのは少ないかも知れません。しかし毎回「この作品はもしかしたら大丈夫かも……」と、ほんのり思ってしまうもの。来年公開予定の映画も、少し怖いながらもなんだかんだ劇場に足を運んでしまいそうですね。

文●ロックスター小島

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2016年12月 
調査人数:大学生男女370人(男性173人、女性197人)