SDガンダム」ならではの、低い頭身に代表される可愛らしいアレンジと、モビルスーツならではのクールな格好良さを同時に追求した新機軸食玩シリーズSDガンダムNEO」。
もととなった機体デザインサイズ感までを考慮した立体で、コレクションしたときに大きさの違いを体感できるのも嬉しいポイントです。先頃第1弾の情報が公開されたばかりの注目のこのシリーズですが、早くも第2弾の布陣が発表となりました!

※関連記事

人気の食玩“FW”ブランドより新シリーズ「FW SDガンダム NEO」、スタンバイ!【食玩ナウ(NOW)】

今回のラインナップには『機動戦士Zガンダム』、そして『A.O.Z』。さらに『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』と、何と『ガンドランダー』が早くも登場! ぜひ手にしたい面々がそろっています。本格始動の第2弾、早速各アイテムを見ていきましょう!
まずはZガンダム。『機動戦士Zガンダム』の主役機体です。
シャープフェイスとスマートな体型で、いまもって人気のあるモビルスーツです。長大なハイパー・メガ・ランチャーを装備した姿で立体化。“変形しそう”な形状を保ちながら、しっかりアレンジしてまとまったシルエットはさすが!
機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、ストライクフリーダムガンダム
キラ・ヤマトの乗った最後の機体で、そのケレン味溢れるヒロイックな姿でこちらも人気の機体です。ドラグーンの展開ギミックも再現されています。
『A.O.Z』より、ガンダムTR-1[ヘイズル改]。人気作品が、第1弾のウーンドウォートに続いてエントリーとなりました。シールドブースターを装備した姿となっており、コントラストの強いカラーリングが映えます。
同じくガンダムTR-1[ヘイズル]2号機。いわゆる濃紺のティターンズカラーで、こちらのカラーも欠かせません。2号機にはシールドブースターが2枚付属し、[ヘイズル改]とあわせてトライ・ブースターを再現できます。
同じく『機動戦士Zガンダム』よりアッシマー
UFOのような形状に変形する期待の特徴を見事にとらえています。黄色と緑という派手めのカラーリングもすっきりと仕上げられました。頭部カメラアイ部分は、劇場版での表現がフィードバックされたかなり見ごたえのある表現。
ガンドランダー』より、ガンドランダー!
玩具オリジナルで展開していたシリーズガンドランダーが登場です。角に代表される有機的なパーツが特徴のガンドランダーですが、「FW SDガンダムNEO」ならではのデザインアレンジで、メカディテールと有機部分が見事に融合。オススメです!
さまざまなサイズと出自の機体が集った「FW SDガンダムNEO 02」。第1弾と並べることで、より一層机の上がにぎやかになりそうです。
DATA
FW SDガンダムNEO 02

彩色済みフィギュア1セット、ガム1個

全6種

2017年5月発売予定

370円(税抜)

販売元:バンダイキャンディ事業部

関連情報

「FW SDガンダムNEO 02」製品ページ

バンダイ食玩ポータル

SDガンダムNEO

 
ハイディテールかつ伝統的なSDガンダムのスタイルが魅力の「SDガンダムNEO」、 「Zガンダム」「A.O.Z」「SEED DESTINY」と多数の作品から機体が出撃の第2弾!