投稿者がにした理論の発想が、色々な意味で「スゴイ!」――こんなツイート2017年1月16日投稿され、話題になっている。

ではここで、実際どんな理論だったのか、見てみよう。

最近にした好きな理論は「長崎って55%が山なのヤバくない!?2歩あるいたら1歩は山じゃん!」です。
- いのうえはてな (@inouehatena) 2017年1月16日

これは投稿者が最近にした"長崎県の山に関する理論"を記録したものだ。その内容としては「長崎55が山だから、2歩あるくと1歩は山でヤバい!」というもので、非常にユニークなこの考え方を投稿者は気に入っているという。通常ではあまり考えつかないであろうこの理論に「これおもろすぎ笑笑」「本当だな。不思議だなw」など、笑ってしまう人も多かったようだ。

このツイートには、こんな反が。

@inouehatena @runaaa_xxx びっくらぎょうてんやなー
- 原 (@hNQG78FpiwyC8zD) 2017年1月18日
@inouehatena 高知県80%なので10歩中8歩は山ですね。
- けーすけ (@keimori0312) 2017年1月20日
@inouehatena
滋賀県は2歩歩いたら水の中ですね?
- ろーとめ@9増やしなう (@taiko_lortome) 2017年1月18日

すごい発想ですw!この理論だと、日本中がヤバくなっちゃいますよね(笑)。(ライター:a rainbow

長崎には山が多い(othreeさん撮影、flickrより)