若い女性たちが"キレて"いる。日刊SPA!が1月23日「なぜ若い女子たちはお金を使わなくなったのか?」という記事を掲載。この記事自体も興味深いのだが、これを受けてガールズちゃんねるスレッドが登場コメント欄が荒れる事態になった。

「何故お金を使わなくなったか?って、お金いからでしょ?バカじゃいの??」
老害が若い世代にまわさないくせに、使わないなんて良く言えたもんだ」

女性たちの正論だ。「なぜお金を使わなくなったのか?」とは愚問なほど、彼女たちは「お金がない」。しかもそれが少数ではなく、圧倒的多数だという現実がある。い袖は振れないもので、「生活していくだけでギリギリだから」というばかり。それなのに、やれ今度は若者の○○離れなどと言われる筋合いはない、というところだ。(文:みゆくらけん)

「奨学の借してるもん。借してるのにお金使えないよ!」

「昔とは時代が違う」とするある女性は、お金を使えない若者の心理・不安を次のように説明する。

「今の時代、リストラ当たり前、給料上がらないどころかボーナスもない。共働きしないと結婚生活厳しいし子育てにもお金がかかる。年金はおそらくない。普通の人なら危機感持ってるよ。そんな中で使う人なんていないのが普通

また、「バブルの感覚で意見しないで欲しい」という意見も多く、昭和価値観を疑問視するも多く出た。

「うちらの世代からしたらバッグに何十万も払うとか頭おかしいのかと思う。たかがバッグだよ?」
ブランド志向・タバコ・ばか騒ぎ、どれもカッコ悪い」

つまり彼女たちは、身の丈にあった生活をしているだけ。見栄をカッコ悪さや理をするしんどさも最初からパス、そもそも「奨学の借してるもん。借してるのにお金使えないよ!」という切実な現実を訴える人も。他にも、

「老人優遇社会の生け贄となって必死に働いて、大量の税等とられているので、それどころではありません。毎日の食事はモヤシか○友の不味い食パン」 「(消費しないことが)まるで悪のようにそんな事言うなら、くれ!!くれた分いくらでも使ってやるよ!!」

などとキレ気味な意見も出ていた。

「浪費している子は銭感覚がおかしいと笑われ、節約してる子が尊敬される」

しまむらすら高い」と感じる女性たちからすれば、消費するお金があるなら貯にまわしたいのが本音。堅実にならざるを得ない。

また、今はお金をたくさん使わなくても"そこそこ満足"の暮らしができる時代。フリマアプリなどの活用で、安くモノが手に入り、情報ネットで十分。遊び・暇つぶし無料ゲームがいくらでもあるし、食事もサイゼリア牛丼チェーンで安く済ませることができる。その上異性にも関心の波が広がっているとなれば、消費活動に消極的になるのは当然の流れではないだろうか。

かつて、自分が"女子"だった昔を振り返ると(筆者は35歳)、今よりだいぶん、自分も周りも手なことに憧れを持っていたように思う。人とはクリスマスハイブランドの財布やバッグを贈り合うことは当たり前だったし、そのために背伸び理もしていた。そして、そのことをしんどいながらも楽しく感じていた。

しかし、現在私立女子大に通っているというある女性は今回のコメントの中で、最近の女子大生事情について、「浪費しまくっているような子は全然見ない」とし、

「親の収入に関係なく、そういう子(浪費する子)は銭感覚がおかしいと笑われ、すごい節約してる子が尊敬されてる」

と書き込んでいる。若干、面味がない気もするが、堅実は堅実。筆者の女子時代にべ、彼女たちが正しい銭感覚や価値観を備えているのはどうやら間違いなさそうだ。

あわせて読みたい:若者が外出しなくなったのはお金がないから?