「り」「それな」など、SNSを中心に若者の間で流行している「若者言葉」が、何を意味するのか戸惑う人も多いのではないでしょうか。そんな流行っている若者言葉を、若者たちは実際にはどう感じているのでしょう。
大学生大学院生専門学校生に、流行っているけど使うのに抵抗がある若者言葉と、使いたくないその理由を聞いてみました。


【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

■流行っているけど使うのに抵抗がある若者言葉って何ですか?

ワンちゃん

・いまいち意味が分からない(男性/21歳/大学2年生)
・ダサいし言い換える意味がわからない意味不明(男性/23歳/大学4年生)
・下品だと思われそうだから(女性/22歳/大学4年生)
・いらっとする(女性/20歳/短大・専門学校生)

●〇〇~み

・なんか自分で使うのは気持ちが悪い(男性/21歳/大学2年生)
・使いどきがわからないから(男性/21歳/大学3年生)
・わけがわからない(女性/22歳/大学4年生)
意味がわからないから(女性/22歳/大学4年生)

●り、りょ

・伝わらないことがあるから(男性/19歳/大学1年生
・そこまで省略する必要ないから(男性/24歳/大学4年生)
・なにを言っているか分からないから(女性/20歳/大学1年生
・さすがに省略しすぎだと思うから(女性/20歳/大学2年生)

●「省略言葉」全てに関連したもの


・もうすぐ社会人になるので、きちんとした話言葉を使うべきだと思う(男性/24歳/大学院生
意味がわからないし使おうとも思わない(男性/22歳/大学4年生)
・親の前でうっかり使いたくない(女性/19歳/大学1年生
気持ち悪い(女性/19歳/大学1年生

●その他 

・「パリピ」使いどころがわからないから(男性/19歳/大学1年生
・「よき」よきは終止形じゃないから(男性/19歳/大学1年生
・「それな」なんかいつもの口調と違うから(女性/21歳/短大・専門学校生)
・「あ~ね」話をちゃんと聞いてないみたい(女性/22歳/大学3年生)

アンケートには自分たちの世代の言葉でありながら、「使いどころがわからない」、「省略しすぎて意味が通じているのか不安になる」などいったように、どの若者言葉にも共通した回答も多く寄せられています。

若者言葉は学生の時だけで、社会人になる時や親との会話には、使用することに抵抗を感じる様子も窺えます。

若者言葉は、友人間で流行っているので使ったり耳にしたりするけれど、意味が不明で省略しすぎと、使うことに違和感がある人も多くいるようです。

いつの時代も新しい言葉というものは生まれるものですが、ことばの意味がきちんと伝わるようなコミュニケーションを、心がけたいですね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2016年2月17日2月20日
調査人数: 402
有効回答数;わからない等の回答を除く218人(男性93人 女性124人 不明1人)