ソニー5月22日ヘッドマウントディスプレイHMD)“Personal 3D Viewer”「HMZ-T1」の注文受付を、23日より一時停止すると発表した。停止の理由は「生産がご要望に追いつかない」ためとしている。

HMZ-T1」は昨年11月11日に発売した有機EL搭載ヘッドマウントディスプレイ。“圧倒的な映像美”“高純度3D”“映画館にいるような没入感”を特長とし、Amazon.co.jpや価格.comなどの口コミレビューでも高評価を獲得している。直販サイトソニースタイルでは59,800円(税込み)で販売されているが、品薄の影響もあってか、現在は7〜8万円台で販売している通販サイトも少なくないようだ。

同社は2月17日の時点で「予想を大幅に上回るご注文をいただいており、生産がご要望に追いつかない状況となっております」と、公式サイト上でで案内していたが、5月22日には改めて「ヘッドマウントディスプレイPersonal 3D Viewer”『HMZ-T1』のご注文受付一時停止に関するお知らせとお詫び」を掲載。これまで増産を行ってきたものの、それでも供給が追いつかないため、「2012年5月23日以降、お客様からのご注文の受付を一時停止させて頂くことにいたしました」との判断に至ったことを謝罪している。

なお、注文受付の再開時期については「目処がたち次第、弊社ヘッドマウントディスプレイホームページにてご案内させていただく予定です」とのことだ。