第三志望でも「御社が第一志望です」。人間関係が原因で退職しても「キャリアアップを目指してです」。面接時、本音と違うことを話したことがある人も少なくはないだろう。

ガールズちゃんねるに2月、「面接でついた嘘」というトピックが立てられた。トピ主は、一年近くの無職期間を経て、転職活動を行っていた。しかし、無職期間に何をしていたのか聴かれるのを恐れ「寿退社で専業主婦をしていた」と嘘をついてしまった。実際、結婚したのは最近。無職期間は遊びまわっていたため良心が痛んだというが、

「面接で全て正直な人なんていないと思うので、皆様のついた嘘を聞いてみたいです!」

と開き直り、問いかけた。

「嘘をついても本当にすればいい」→スキルを身に着けて入社

実際、「何でも馬鹿正直に言えばいいってもんじゃない」と思っている人は結構いるようで、約180件の書き込みが寄せられている。トピ主のように、無職期間を「海外留学と言ったが、実際は長期の海外旅行」「資格勉強をしていたと言ったが、グータラしていた」と物は言いよう程度に感じている人が多く見られる。

また建前の言いやすい「志望理由・退職理由」などは非常に多くの人が嘘をついた経験があり、他にも、

「『誰とでも打ち解けて親しくなれる 明るい性格です!』ウソです。ホントは 暗い人間です…」
「愛嬌だけは自信があります!と言ったらまさかの採用。3日くらい頑張ったけどあとは始終仏頂面。採用してくれた店長に『○○さんの愛嬌どこいったぁ~』と言われてました」

と性格を明るく詐称する人も多かった。

すべては、少しでも採用される確率を上げるため。中には「中卒なのに高卒」「早稲田卒です」「TOEIC900点」と詐称する人までいた。実際、採用された人の中には「嘘をついたから受かった」と思っている人も少なくはない。

「『ワードエクセル、パワポ全部そつなく使えます!』……エクセルは全く使えません。パワポは数年のブランクがありうろ覚えです。ワードだけです」

しかし話を盛った人の多くは、入社まで必死に勉強をして「嘘を本当にする」というガッツを持ち合わせているようだ。

社会保険担当と人事が同じ人でなければバレない?

また「3カ月でやめたけど、1年勤めたことにした」という勤務期間を長くする嘘も多かった。

このような「勤務期間」についての嘘は、バレないのだろうか。社会保険に加入する人であれば、雇用保険をかけた期間や年金手帳の納入期間等が分かってしまう。これに対してある人は、

社会保険担当と人事が同じ人か、履歴書の内容を逐一見て照らし合わせる人ならバレるかも。でも実際そこまで見て確認する暇ありません」

とキッパリ。上手く条件が重なればバレないこともありそうだが、そうはいってもバレたときのことを考えるとリスクは大きい。ごまかす程度ならともかく、やはり嘘はやめた方がよさそうだ。