3月26日、大イベントアニメジャパン2017」にて『リトルウィッチアカデミアスペシャルステージが開催。この日は、出演声優の潘めぐみさん(アツコ役)、折笠富美子さん(ロッテ役)、村瀬迪与さん(スーシィ役)のトークショーが行われました。2クール目突入を目前にし、1クール目の感想などで大盛り上がり。印象的なシーンなどを語ってくれました。


【『リトルウィッチアカデミア』AJステージ公式レポート到着】の写真付き記事はこちら
 また、OPテーマアーティストYURiKAさんや、EDテーマアーティスト・大原ゆい子さんのミニライブも行われ、こちらも大盛況となりました。今回、当日の模様を記した公式レポートが到着したので、ここに公開しましょう。

公式レポートで当日の模様を大公開!
 Anime Japan 2017のBLUEステージで行われた『リトルウィッチアカデミア』のステージ。最初に登場した司会の鷲崎健さんが、アツコ役の潘めぐみさん、ロッテ役の折笠富美子さん、スーシィ役の村瀬迪与さんを呼び込みます。

 テレビアニメ折り返しを迎えるということで、まずは1クール目で印象的だったシーンを紹介するコーナーへ。潘さんは1話「新たなるはじまり」の冒頭、シャリオの魔法ショーシーンセレクト。映像を見終わると、何を語るにもこのシーンがないと今のアッコはなかったと力説。しかも、“この会場はおそらく日本で、ダイアナはわざわざ日本まで来てしまうほど、シャリオが好きなんじゃないか”と考察していたのもさすがでした。

 そして、折笠さんは3話「Don't stop me now」から、ホウキリレーで、アッコが人間大砲で飛んでいくシーンセレクト。“曲の入り方が絶妙で素晴らしい!”と熱く語っていましたが、ロッテにもほのぼのした良いシーンがたくさんあったはずなのに、そこを選ばず激しいシーンを選ぶところも面白かったです。

 最後は村瀬さんが、第9話の「ブライトンベリーアンデッド紀行」から、終盤の感動的なシーンセレクト。“誰かのためにアッコが動いたところで奇跡を起きた。多分スーシィもアッコの猪突猛進の末の奇跡が楽しくて一緒にいるんだと思う”と、そのシーンについて語っていました。

 夢があって、アクションもすごくて、感動もある。3人がセレクトしたシーンは、『リトルウィッチアカデミア』の魅力そのものでした。

 そのまま2クール目のPV映像も紹介。1クール目の楽しい雰囲気だけではなく、少しシリアスで、謎がいろいろと明かされていくような展開も待っているとのことで、これまでとはまた違う『リトルウィッチアカデミア』の世界を見ることができそうでワクワクしました。



 そしてトークコーナーのあとはライブコーナーへ。YURiKAさんがOPテーマShiny Ray」を力強く、そして突き抜けるような真っ直ぐな歌声で歌い上げると、今度は大原ゆい子さんが、エンディングの映像をバックアコギ弾き語りながらEDテーマ「星を辿れば」を優しく歌います。アニメの1クール目を彩った素敵な曲たちに、会場は温かい空気に包まれていました。

 2人は2クール目でも主題歌を担当することも決定していて、OPテーマYURiKAさんの「MIND CONDUCTOR」、EDテーマは大原ゆい子さんの「透明な翼」となっています。どちらもまた新しい『リトルウィッチアカデミア』の世界を描いてくれそうです。

“『リトルウィッチアカデミア』は些細なことだけど、大切な何かを毎話毎話伝えてくれています。それは皆さんも感じ取ってくれてるんじゃないかと思います。今日もシーンを振り返っただけで笑顔になったし、アーティストの2人の歌声を聴いただけで心が温かくなって、口角が上がってくる気持ちになりました。これからの2クール目も、皆さんが共感できる感情や思いやりが詰まっていると思いますし、また皆さんに会えることを楽しみにしています。今日はお越しいただきまして、本当にありがとうございます”と感謝の気持ちを伝え、ステージイベントは終了しました。