スマホの画面割れていてそのままにしている人は多いですが、直してもまた落とすことを考えるともう諦めるしか無いわけですよね。治すのにもお金がかかるし。そもそも落として画面が割れてしまうのは欠陥品じゃないのかと思えるほどですが、こちらの特許が実用化されれば、画面割れはもう過去のもの。もう割らせません。
ー落下するとバンパーが・・・



Appleはどうやら落下する際に自動的にバンパーが飛び出す特許を取得したようです。これにより、落下してもバンパーが端末を保護、画面割れを防ぐわけです。そもそも落下するという情報をどのように取得するのかというと、本体のジャイロ・加速センサーなどで落下を検知し、その瞬間バンパーが出てくる。それがクッションになり、デバイスを保護する仕組みのようです。




この特許は2014年5月に出願され、2017年4月4日受理されたと海外IT系サイトSilicon Beat」が報告しているようです。

すぐ実用化されるかどうかですが、どうやらコストがかかるのですぐにと言う訳にはいきませんが、もし実用化されれば、将来画面割れはなくなるかもしれません。もしくは別売りのケースとして売り出されるという手もアリそうですね。

しかし無駄に過剰に検知し、ポケットの中でバンパーが飛び出されてしまってもたまったもんじゃないですね。かなり痛そう。


掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4384714/Apple-awarded-patent-iPhone-bumper-system.html

(秒刊サンデーたまちゃん

【朗報】画面割れ勢朗報!Apple、落下時に自動的にバンパーが「シャキーン」と出る特許を取得!これでもう壊れない