日本海軍が建造した巨大戦艦「大和」。そこに搭載された世界最大の艦砲である「九十四式46センチ砲」は、時代と共に廃れた大艦巨砲主義の最後の灯として、兵器史の浪漫を誘う存在です。その主砲砲塔が大和搭載定数と同じく3基セットプラモデルになりました! 主砲のみに限定することで実現した1/200スケールの大迫力と精密造形をお楽しみください!
砲塔および最上甲板の上下弾倉など、主砲支筒を含む主砲一式を再現。組み立て後も俯仰核が可能です。さらに砲塔旋回と共にターレットも連動して旋回します。
外装を取り外し、精密に再現された内部構造を鑑賞できます。また支柱の円筒部分はクリアー成形され、完成後も給弾、給薬室の様子を見ることができます。
砲身は金型による砲口開口はもちろん、内筒と外筒の段差まで再現!
砲塔側面から天蓋へと足かけ、はしごの微妙なシフト位置は最新資料を元に的確に再現しています。
精密に再現されたガス抜き穴や尾栓で実艦のスケール感が伝わりますね。
接着剤がなくても組み立てられるスナップキットで、成形色は呉海軍工廠色を模したグレー、砲身部防水キャンパスは白で成型されます。支筒上部に装着される吊り上げ金具がボーナスパーツとして付属。建造時の姿も選択再現可能な仕様になっています。
DATA
1/200 戦艦大和 九十四式46センチ3連装主砲塔

プラモデル

1/200スケール

2017年夏発売予定

価格未定

発売元:フジミ模型

※画像は開発中の試作品です。実際の商品とは異なります。

関連情報

フジミ模型

 
日本海軍が建造した巨大戦艦「大和」に搭載された「九十四式46センチ砲」。その主砲砲塔が大和搭載定数と同じく3基セットでプラモデルになりました!