かと飲食店に入った時、上の立場の相手に上座を勧めるのは社会人マナーと言われている。では、上ではなく男女で入った時はどうだろう。

発言小町4月12日「男性はソファー席に座らないで!」というトピックが立った。交際相手の男性おしゃれなカフェに立ち寄った際、ためらいなくソファー席に座った相手を快く思っていないらしく、

「さりげなく彼に『こういうマナー/モテるテクニックがあるって友達に聞いたよ』と伝えてみたところ『そんなこと気にする人もいるんだね』と笑っていました。こんなやり取りがあったので、はっきりと『ソファー席に座らないで!』と言えなくなってしまいました。人生先輩方に、良い方法を教えてほしいです」

と、今後の行動について助言をめていた。

「いつ決まったの?くだらない事を気にするのですね」

アドバイスを述べる以前に、一定数の人は、そもそも「男性椅子女性がソファー席」が当たり前だと考えているトピに驚いているようだった。

「女がソファー(側)、男が椅子(通路側)って決まってるなんて初めて聞きましたわ」
「そんなルールがあるなんて初です」
「いつ決まったの?くだらない事を気にするのですね。面倒臭い人だと思われますよ」

ただ、トピと同様に「女性がソファー席で当然」と考えている人もおり、

「うちの人もそうです(中略)ずっと慢してましたが、言ったら、小馬鹿にされました」
「わりと一般的な事だと思いますが、そうじゃない人もいるんですね。もともと気にしない人か、付き合いが長くて気を遣えなくなっているか、どちらかじゃないでしょうか」

など、どうやら一部では当たり前のマナーとして認識されているようだ。試しに「女性 ソファー席」と検索すると、「モテる男のエスコートテクニック」などとして、「女性はソファ席優先で座らせてあげましょう」などの文言が多数ヒットする。

「ソファー席に座りたい」と伝えてみるのが最善では

男性はソファー席に座らないで」というトピは、自覚な男女差別ではないかという摘もある。性別を理由に行動を制限する妥当性がないからだ。

「客をもてなすときなら席次の上下を気にすることはありますが、付き合ってる男女の間で、席の上下を性別によって強要するとは……」

と、に難色を示すも散見される。

なお、トピへ寄せられた助言は明朗だ。

わたしはソファに座りたい。と言って、座ればよい」
「『ソファーに座りたいからかわって欲しいな』と言えばよろしい」

女性がソファー席に座るのがマナーか否かは定かでない。しかし1つ確かなのは、何も言わずに不満を膨らませるより、自らの気持ちを率直に伝えたほうが、互いの理解を深めるために有益だろう、ということだ。

人間関係はコミュニケーションによって作られる。次に外食する際には、事前に座席の希望を伝えてみるのが良いのかもしれない。