エンターテインメントの様々なジャンル・作品を楽しむための深掘りトークプログラムWOWOWぷらすと』。今回のMCは中井圭さん、ぷらすとガールズの梨衣名さん。ゲスト評論家の添野知生さん、堺三保さんをお招きしマーベル作品に登場するアンチヒーローについて語り合いました。

 昨年マーベル作品のアンチヒーローデッドプールを主役として公開された映画『デッドプール』。下品なギャグを披露したり、残虐な暴力性を持ったヒーローが、人々の人気を集めるのにはどのような理由があるのでしょうか。

すべての写真付きでニュースを読む

デッドプールヒットの立役者ティムミラー監督の降板

中井:
 『デッドプール』は、めちゃくちゃ評判が良かったですよね。あれは一体何だったんでしょうね。

添野:
 主役のライアン・レイノルズと新人監督のティムミラーがずっと前から映画化したいと言い続けていて、自分達だけで準備をして、スタジオを説得して回って、やっと実現した企画なんです。要はスタジオ主導じゃないんですよね。やりたい人が自分たちで4、5年掛けて綿密に下準備をして作った、だから良い映画になったんです。

番組スタッフ
 初期衝動を形にしてると。

添野:
 そうですね。スタジオの人が入って引っ掻き回されちゃうと、こういう企画は良くならないんです。その沼に入らなかった事が良かったですね。

堺:
 この映画はR指定ですよね。

添野:
 もちろん。

堺:
 大きい会社の偉い人が入ってきちゃうと、「R指定は客層の幅が狭くなるからやめてくれ」という話になるんですけどね。この映画ではそういう干渉がなく、ガッツリ残虐な感じでやった所も含めて腹が据わってますよね。

番組スタッフ
 作ってる人たちが、この映画の良さがどこなのかをハッキリ分かっているから、R指定に関するジャッジも忠実に出来たということですよね。

添野:
 少し『デッドプール2』の話をしておくと、2ではティムミラー監督が降板してしまうんです。その理由が制作予算は4倍にしてやるからスタジオの言うことを聞けと言われて、キレたんです(笑)

番組スタッフ
 彼こそアンチヒーロー(笑)

梨衣名
 すばらしい(笑)

次のページ » コントロールされた第4の壁