わんこの体に、60発以上のBB弾や空気銃の弾が撃ち込まれたというニュースが伝えられている。

米インディアナ州に暮らすヘイデンさんは、息子と一緒にイングリッシュマスティフのジャクソンを連れて散歩していた。その時、ふと体に穴が、それもたくさん開いていることに気が付いたという。

何か虫にでも噛まれたのかと獣医に連れて行ったところ、意外な事実が判明する。なんと、わんこの身体から20個以上の空気銃の弾やBB弾が取り出され、さらにもっと多くの弾が体内に入っていたのだった。

誰が撃ったのか警察が調べに乗りだしたところ、ヘイデンさんの隣人が麻薬や覚醒剤などを所持していたことから、薬物所持の容疑で逮捕。現在、動物虐待についても捜査を始めたという。

ネットではわんこの痛ましい姿に同情するコメントが多く寄せられており、「なんてひどい。一度だけでなく何度も撃つなんて」「犯人も同じように何度も撃たれてしまえばいい」「かわいそうな姿…」「マスティフは大きいけれど優しい犬。本当に悲しい」と同情の声が広がっている。