2017年4月30日5月1日の2日間、中国の大都市・上海にて、中国最大と言われている同人イベント『上海ComiCup20魔都同人祭』(以下、上海CP)が開催されました。会場の様子とともにレポートをお届けします。

【大量コスプレ】同人エリアも大盛況!コスプレ&イベントフォトギャラリーはこちら

上海CPは、2007年からスタートした中国の同人イベント。元々中国のオタクのあいだでは超有名なイベントとして人気ですが、今回で10周年、そして20回目の開催と記念すべき開催とのことで、中国でも多くのメディアが取材に訪れていました。

会場はアジアでもトップクラスの広さを誇る上海新国際博覧センター(SNIEC)。3つのホールで企業エリア、企業エリア&空きスペース、同人エリアを展開していました。空きスペースは、ライブイベントの閲覧者や、大型の機材を持ち込んでのコスプレ撮影、さらには楽器を使ったパフォーマンスなど、参加者が自由に楽しめる広場となっていました。

まずは企業ブースから紹介。最も注目を集めていたのは、全世界で2億DLを突破し、中国で最も話題となっているスマホゲーム陰陽師』のブース。大型のモニターを使ってのゲームPV、巨大展示物、さらにはフィギュア化情報など、中国のファンにはたまらない展示内容となっていました。

そしてフィギュア投票企画『FIGUP』も大人気。中国のフィギュア職人による、ハイクオリティな作品の数々を見て楽しむことができました。中国の作品も多いですが、『艦隊これくしょん』や『ニーアオートマタ』といった日本で人気の作品のフィギュアも展示されていました。

盛り上がる同人エリア

中国で大人気の動画配信サービスビリビリ動画』のブースでは、マスコット萌えキャラクターコスプレイヤーによる動画生配信を実施。のほほんとした空間で、途中様々なコスプレイヤーも参加してのんびりまったりとした空間を配信していました。

また『ビリビリ動画』のブースでは、日本でも人気のスマホゲームFate/Grand Order』を大規模で展開。キャラクターパネルに加え、中国の職人が制作した「エクスカリバー」を展示し話題となっていました。

こちらの「エクスカリバー」は公式で制作過程を公開していますが、まさに刃物を制作する工程となっていて、実際に物を斬ることができる代物です。日本ではまず見ることができないと思います。

ほかにも中国で展開している『碧蓝航线』なども展開していました。

注目の同人エリア大盛況。その規模は約1500SPと日本を除くと世界一といってもいいかもしれません。サークルは男性向け、女性向けが半々ほどで、同人誌というよりも同人グッズが人気。また中国ではゴシックロリータが大人気で、服や小物などを販売するサークルも多くいました。

また、非常に少ないですが日本人サークルも多数出展していました。イラストレーター村田蓮爾さんのブースでは、外に列ができるほどの人気。ほかにも日本からのサークルは非常に珍しく注目を集めていました。

注目のコスプレ、人気の作品は?

ここからはコスプレを紹介。非常に広いコスプレエリアに、上海を中心に中国全土から集結したコスプレイヤーが会場を埋め尽くしていました。その規模は日本でもトップクラスイベントに匹敵するほどです。

日本と違うのは、コスプレイヤーのほとんどは会場で着替えるのではなく着替えた状態で来場する点。逆に会場に更衣室があるのは日本くらいで、海外では更衣室がなく自宅から着替えてくるのがスタンダードです。

またコスプレエリアでは自動車バイクが通り過ぎることもあるので、注意が必要です。ほかにも音楽を流してダンスパフォーマンスをする人も多くて、日本と比べるとかなり規制のない感じです。

それでは撮影させていただいたコスプレイヤーを紹介します。まずは2017年冬に放送されたTVアニメ小林さんちのメイドラゴン』より、主人公の小林さんと、小林さんちに棲むトールカンナ。中国で今年のトレンドになるのではないかと思うほど人気のコスプレとなっていて、特にカンナコスプレは多く見かけました。中国、マジやばくね

そして『小林さんちのメイドラゴン』と同じくらい勢いを感じたのは、現在TVアニメ放送中の『エロマンガ先生』より、エロマンガ先生こと和泉紗霧。緑色のジャージ姿がとっても似合うコスプレイヤーが非常に多かったです。

東方Project』より西行寺幽々子コスプレ。中国では『東方Project』が長く人気で、コスプレも同様に人気です。中国人コスプレはまた雰囲気があって非常に見ごたえがあります。

狼と香辛料』より、ヒロイン・ホロのコスプレりんごを持つ姿はまさにホロそのもの。

女の子だけでなく、男の子コスプレイヤーも紹介。こちらは『Fate/Grand Order』よりイスカンダルとダレイオス三世の筋肉ムキムキのコスプレです。『Fate/Grand Order』ブースでその肉体美を披露していて、多くの女性が一緒に記念撮影をされていました。しかしすごい肉体だ…。

まだまだ日本人の参加が少ない上海CPですが、参加している方もらっしゃいました。『東方Project』で、日本から初参加という地獄遊戯さんによる十六夜咲夜、きさきゆねさんによる小悪魔コスプレです。初の中国イベントということでしたが、中国のコスプレイヤーと楽しく交流をされていました。

年々盛り上がりが増していく印象のある上海CP。筆者は2回連続で参加していますが、前回以上に盛り上がったと感じています。

中国独自の作品もありますが、日本の作品も多く認知されていて、そしてファンも非常に多いです。中国のネット事情の問題で中々情報が出回らないのですが、是非ともイベントチェックしてみると、面白いかもしれません。