今日5月26日プレミアムフライデー。午後3時には会社を出て、ショッピングやデートに繰り出す人が多い……といいのだが、実際にはほとんどの人が帰りできていないのが現状だ。

ジャストシステム4月に発表した調によると、「3月プレミアムフライデー15時退社を実行できた」と回答した人はわずか3.7全に上手くいってない。しかし経済産業省は、プレミアムフライデーの普及に「手ごたえを感じている」という。

「ネガティブな意見もあるが、早帰りに取り組む企業は増えている」

「手ごたえ」を感じられない

経済産業省流通政策課の担当者は、キャリコニュースの取材に対して、「じわりと広がってきている」とった。

プレミアムフライデーは本日で4回を迎えます。今日は、丸の内でイベントが開催されますし、千葉ロッテマリーンズもナイターを行うようです。じわりと広がってきているなと感じています」

3.7の人しか15時に帰れていないという調もあるが、あくまでも「理解は広がっている」ということだった。

「確かにネガティブな意見もあろうかと思います。しかし帰りに取り組む企業は確実に増加しています。第1回2月24日には136社でしたが、5月23日時点で帰りを予定している企業は476社にまで増えています。じわりじわりとご理解が広がっているという手ごたえがあります」

「サービス業の方はがっぽり稼いで別の日に休んでいただきたい」

プレミアムフライデーの導入が決まっとき、「末の金曜日は忙しい」というも上がっていた。この日程に決まったのは、「給料日の後だから」だという。

「様々な業態の現場の方々とコミュニケーションを取り、末の金曜日に決定しました。初に忙しい業態もあれば、中・末に忙しい業態もあります。いつ忙しいかは業態によって全然違うんです。しかし末なら給料日の後ですから、贅沢をできるのではないかと思います」

またサービス業で働く人からは「休めない」というも出ているが、「サービス業で働いている方はプレミアムフライデーにがっぽり稼いで、別の日には休んでいただきたい」という。

プレミアムフライデーを推進するのは、経済産業省だけではない。スポーツ庁は、本日26日を「プレミアム"スポーツ"フライデー」にしようと提唱している。

同庁の担当者によると、「5月は気が良いので、『プレミアムフライデーテーマスポーツにしよう』という提案があり、スポーツ庁と事務局が連携することになった」という。今日、丸の内で開催される「スクエア・マイルリレー」には同庁の長官である鈴木大地氏も参加する予定だ。「スポーツフライデー」は口にもう一度実施される計画だという。