バルセロナに所属するフランス代表DFジェレミーマチューが、ポルトガル1部のスポルティングへ移籍する可性が高まっているようだ。ポルトガル『O Jogo』が20日に報じている。

 同によると、マチューはすでにリスボンに滞在。スポルティングとの交渉を行っている模様だ。同選手はバルセロナとの契約をあと1年残しており、さらに1年の延長オプションも盛り込まれているようだが、今の移籍市場で新地を探しているという。

 マチューに対してはフェネルバフチェやオリンアコスも関心を示していると報じられているが、スポルティング移籍決定が近づいている模様。2年契約締結となる見通しと報じられている。

 マチューは1983年まれの33歳。2014年バレンシアからバルセロナへ移籍し、同クラブで3シーズンに渡ってプレーしている。今シーズンリーガ・エスパニョーラで13試合出場1ゴールを記録した。

スポルティング移籍の見通しを報じられたマチュー [写真]=Getty Images