ユヴェントスが、アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリンの獲得に関心を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道引用し、イギリスメディアスカイスポーツ』が20日に報じている。

 ブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスがマンチェスター・Cへ移籍することが有視されているユヴェントス。同選手の移籍先はチェルシーとの報道もあるが、いずれにせよ今の移籍市場ユヴェントスを去る可性が取り沙汰されている。

 D・アウヴェスの退団が決まった場合、ユヴェントスは右サイドバックの選手補強を行う必要に迫られる。今回の報道によると、同選手の後釜としてベジェリンの名前が挙がっているようだ。

 ベジェリンについては、古巣でもあるバルセロナが以前から熱視線を送っていると報じられている。19日付のスペインマルカ』によれば、ブラジルMFラフィーニャを取引に含める形で移籍交渉が行われる可性もある模様だ。

 去就に注が集まるベジェリンだが、バルセロナユヴェントスの争奪戦が繰り広げられることになるのだろうか。

ユーヴェからの関心を報じられたベジェリン [写真]=Arsenal FC via Getty Images