銀杏BOYZ8月30日ニューシングル「骨」をリリースする。

【大きな画像をもっと見る】

7月26日に発表する「エンジェルベイビー」を皮切りに、3カ月連続でシングルリリースする銀杏BOYZ。第2弾シングルの表題曲「骨」は2016年安藤裕子に提供した楽曲のセルフカバーで、峯田和伸弾き語りで演奏した同曲は自身が主演を務めたドラマ「奇跡の人」のエンディングテーマとして使用されていたが、今回のシングルにはバンドバージョンの音源が収録される。カップリングナンバーは2005年に発表された1stアルバム「DOOR」の収録曲「援助交際」のタイトルを変更した「円光」。2017年バージョンと「DOOR」収録バージョンとを聴き比べるのもよさそうだ。

今回のレコーディングには銀杏BOYZツアーで演奏しているメンバーが参加。ドラムは岡山健二(classicus)、ギターは山本幹宗と加藤綾太(2)、ベースは藤原寛(AL)が担当している。「エンジェルベイビー」に続き、今回もゲストミュージシャンとしてUCARY VALENTINEがノイズを始めとしたプログラミングコーラスで参加している。ジャケット写真は川島小鳥が撮影。また初回限定盤は7inchサイズの紙スリーブ仕様で販売される。

銀杏BOYZ「骨」収録曲

01. 骨
02. 円光

銀杏BOYZ「骨」初回限定盤ジャケット