オスカー女優ニコールキッドマンの、撮影現場での偉そうな態度に、監督も共演者もうんざりしているようだ。

【写真を見る】まさに美の饗宴!エル・ファニング、キルスティン・ダンストとニコール

現在オーストラリアで撮影中のアメコミ映画『Aquaman(原題)』でニコールは女王役を演じているが、「ニコールは今やベテラン大女優ですし、オーストラリア出身なので、いろんな意味で得意顔です。本人に悪気はないのでしょうが、女王になりきってしまっているのか、主役でもないのにいろいろと口を出してくるようです」

アクアマンを演じているジェイソン・モモアは、とてもジェントルマンなので何も言いません。ジェームズ・ワン監督も、いちいち撮影方法などについてニコールにお伺いをたてなくてはならないようで、10歳も年上とはいえさすがにうんざりしているようです」

ベテラン俳優のウィリアムデフォーとドルフ・ラングレンは、ニコールの偉そうな態度と、アンバー・ハードイライラした態度にかなり腹を立てているようで、現場の雰囲気はあまりよくないようです」と関係者がナショナル・エンクワイラー紙に語っている。【NY在住/JUNKO】

女王役に入り込みすぎた?