2014年の放送開始から2017年の3月まで、約2年半放送されてきたTVアニメプリパラ』。本作は同名のアーケードゲームとのメディアミックス作品として、子供から大人まで幅広い年齢層に支持される作品となりました。そして現在も、前作の主人公である真中らぁらと、新たに登場した主人公夢川ゆいダブル主人公が登場する続編の『アイドルタイムプリパラ』が放送されています。


【プリパラ:音楽スタッフが振り返る楽曲制作秘話【連載Vol.2】】の写真付き記事はこちら
 そんな『プリパラ』を振り返る企画として、連載インタビューを実施! 作中のユニットを演じた声優陣、ユニットソングを手掛けた作曲陣のインタビューをお届け致します! 第2弾の今回は「SoLaMi♡SMILE」のユニットソングトライアングルスター」の楽曲制作陣である松井洋平さん(作詞)、桑原聖さん(作曲)、酒井拓也さん(編曲)です!

 
SoLaMi♡SMILEプリパラの“王道”
――楽曲制作の依頼が来た時のお気持ちはいかがでしたか。

松井洋平さん(以下、松井):映画で使用される楽曲ということで『来たかっ!』と(笑)SoLaMi♡SMILE久々の新曲がこのような形で披露されるということで責任感がありました。また、みれぃのソロバージョンと歌詞が違うのも面白い試みだと感じました。

桑原聖さん(以下、桑原):楽曲の発注を頂いた時、TVで放送される「みれぃのソロ新曲、そして「劇場版の3人の新曲」でもある、という同時発注だったんです。なのでチームとしての要素とみれぃひとりの要素、どちらも取り入れた楽曲という楽曲制作は初めてだったので、差別化をどう反映していくかを考えるのがとても楽しかったです。

――制作する上で意識した点はどんな所ですか。

松井:これから始まる物語を意識した『Pretty Prism Paradise!!!』と違って、成熟した絆の強さ、この3人でなくては描けない模様を星座(夏・冬の大三角)に託しました。スマイル絵文字で使う三角形を世界中の人が見上げるようなイメージです。

桑原:SoLaMi♡SMILEというユニットが最もプリパラらしい楽曲を求められるユニットだなと思ったので、とにかくそう言った「プリパラの王道」をメロディー面でもサウンド面でも、できる限り意識して反映するように努めました。

酒井拓也さん(以下、酒井):特にサウンド面では、劇場版でも使用される楽曲ということでしたので、TVシリーズでは出せない低音を意識しました。2サビ後の間奏など(メイキングドラマの箇所)が一番わかりやすいと思います!

――(参加されていれば)レコーディングの中で印象的だった出来事などはありますか。

桑原:レコーディングには参加できなかったのですが、後日ディレクターから聞いた話ではみれぃソロ曲の収録の際「芹澤 優さんの気合が半端なかった……」と聴いて、収録後のデータを楽しみにしていたのですが……色々半端なかったです(笑)。あ、勿論良い意味で(笑)

――制作する上で特にこだわった部分や遊びを入れた部分はありますか。

松井:「空見て笑ってSoLaMi♡SMILE」というキーワードに絡めて、3人で初めて生み出せるという物語を描きたかったんです。形というのはひとつ、ふたつの星では描けない。そして、揃って初めてひとつの星座になる。互いに手を伸ばしあって友達を支え合う、この3人ならではの強さを言葉に込めました。

酒井:ワンコーラス終わりの間奏で、「ぷりっとぱ~ふぇくと」には歌が入っていないのですが、「トライアングルスター」は歌パートを追加してみたり、アレンジ面では「トライアングルスター」には名の如くトライアングルの音色が入っていたり、「ぷりっとぱ~ふぇくと」との細かいアレンジの差別化を行っています。よろしければ聴き比べてみてください!

――完成した楽曲を聞いた印象はいかがでしたか。

松井:DressingPafeと過ごした日々がSoLaMi♡SMILEキラキラに躍動感を与えたんだなぁ、と感動しました。ユニットとしての成長を感じるような一曲だったのではないでしょうか。

酒井:TVアニメの展開もあり、ちょっと感動的な方向に楽曲を寄せすぎてしまったかなと不安に思った部分も実はあったんです。でも蓋を開けてみればキャストさんのパワーもあり、結果的に非常にSoLaMiらしい楽曲に仕上げることができ、声優さんの大きな力を感じました。


楽曲制作陣も魅力されたSoLaMi♡SMILEという存在

――SoLaMi♡SMILEというユニットにどのような魅力を感じましたか。また、キャラクターたちのどのような部分を曲に反映しましたか。

松井:SoLaMi♡SMILEは「み~んなトモダチ!み~んなアイドル!」を体現したようなイメージを持っていました。また、らぁらポジティブが生み出す元気、みれぃの努力から生まれる輝き、そふぃまっすぐな想いに乗せた力強さ、それぞれの歌声が持つイメージを歌詞や歌い分けに反映させていただいております。

酒井:互いの個性や弱点を補い合っている、非常にバランスの良いチームだな、というのが一番の印象です。プリパラを象徴する、最も王道的なユニットだと思います。

――製作時にこんなことが起こったなどのエピソードなどがあれば教えて下さい。

桑原:この楽曲には『トライアングルスター』というバージョンと、『ぷりっとぱ~ふぇくと』という2バージョンがあるのですが、それとは別に幻となってしまっている3バージョン目が存在します!

酒井: 気合を入れて用意したものなので、いつか日の目を見ると信じています(笑)

――『プリパラ』という作品に参加する中で、魅力に感じた部分はどんな所ですか。

松井:誰だって、特別になりたい。そのために努力する。その努力をお互い知ってるから共感しあって絆が生まれる、という物語。キャストスタッフの皆さんとの出会いは僕にとっての『プリパラ』でした。たくさんパキッていただき幸せです!

桑原:音楽スタッフアニメスタッフが独立して動いているという感覚が殆どなく、お互いが受け取ったものに対してインスピレーションを高めあって全員が動いているという感覚があり、音楽と密接にリンクした作品として非常にやりがいを感じます。

――皆さんが感じた『プリパラ』という作品の魅力はどんな所ですか。

松井:み~んなトモダチ、み~んなアイドルという言葉に込められたもの、実はすごく大きなものなのでは……と話が進むにつれて感じました。トモダチは特別な存在、アイドルは特別な存在、だからトモダチアイドル。大切なメッセージだと思っています。この気づきは、特に後半の歌詞にたくさんの刺激を頂きました!

桑原・酒井:キャラクターが意思を持って生きているところです!


リリース情報
■Pripara Season.1 Blu-ray BOX
価格:35,000円+税
Blu-ray6枚組
【収録内容】
シーズン1 第1話~第38話

プリパラ Season2 Blu-ray BOX-1
価格:20,000円+税
Blu-ray4枚組
【収録内容】
シーズン2 第1話~第26話(テレビ放送39話~64話)

プリパラ Season2 Blu-ray BOX-2
価格:20,000円+税
Blu-ray4枚組
【収録内容】
シーズン2 第27話~第51話(テレビ放送65話~89話)