女性芸能人に選ばれることも多い無痛分娩。今回は、そんな無痛分娩の費用や、方法、さらにはリスクまでを詳しくご紹介します。






この記事の監修ドクター

産婦人科専門医  坂口健一郎 先生

産婦人科専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
防衛医科大学校卒業後、防衛医大病院で研修ののち、多数の病院で勤務。内視鏡手術に特化したクリニックの院長を経て現在、不妊症専門のクリニックで勤務中。

無痛分娩とは自然分娩と無痛分娩

女性は「出産」という大きな役目を担っています。激痛を乗り越えて、赤ちゃんを産んでくれるママ達はかけがえのない存在といえるでしょう。しかし、みんな乗り越えてきたとは言っても、出産経験のない女性の中には、自然分娩の痛みを怖いと感じる人もいるはずです。ちなみに、自然分娩に明確な定義はありません。したがって「医療介入を全くしない・ほとんどしない分娩」と考えていただければよいでしょう。ただやはり、分娩時の痛みは少ないことに越したことはありません。医療の進歩により「無痛分娩」の方法もとられています。

無痛分娩にはまったく痛みはないの?

無痛分娩は、麻酔を使って痛みを軽減するお産方法です。名前は「無痛」となっていますが、完全に痛みがなくなるわけではありません。また、麻酔を使用するとはいっても、完全に意識がなくなるわけでもありません。ママの意識をなくしてしまうと、いきむことができなくなるからです。このように痛みがゼロになるわけではありませんが、分娩時の苦痛軽減はかなり期待できるでしょう。無痛分娩では、あらかじめ分娩日を決めるケースも多いですが、基本的には普通のお産と変わりません。

「和痛分娩」と「無痛分娩」の違いとは

産科クリニックを見ますと「無痛分娩」以外に「和痛分娩」と表現しているところもあります。言葉が別々なので、何か違いがあるように思えますが、基本的には大きな違いはありません。そもそも、両方の言葉は医学的に明確な定義がなされていません。「和痛分娩のほうが体に優しそう」「無痛分娩のほうが効果が強そう」などと言うイメージがあるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。大切な事は、その医療機関に「しっかりとした設備や、ノウハウ、実績があるか」という点ですので、個別にしっかりと確認しておく必要があります。

無痛分娩の種類と方法硬膜外麻酔

無痛分娩の麻酔法として、多く採用されている方法の1つで、海外でもすでに一般的な無痛分娩方法として認知されています。「硬膜外鎮痛法」と呼ばれることもありますが、硬膜外麻酔と同じものです。硬膜外麻酔は、背骨のあたりから硬膜外腔(脊椎の中にあるスペース)へカテーテル(細い管)を挿入し、麻酔薬を注入します。局所麻酔なので、ママの意識ははっきりしています。また、後ほどご紹介する「点滴からの鎮痛薬投与」と比較して、赤ちゃんに影響が出にくい(赤ちゃんが眠くなりにくい)という特徴もあります。

脊髄くも膜下麻酔との併用

脊髄くも膜下麻酔は、硬膜外麻酔と併用されるケースがある無痛分娩の麻酔方法です。近年では、両方を組み合わせた麻酔方法が可能な施設も増加していると言われています。脊髄くも膜下麻酔は、その名の通り「くも膜下腔」へあらかじめ麻酔を作用させる方法で、確実性が高くスピーディーな麻酔効果が期待できます。

点滴からの鎮痛薬投与

通常の点滴と同じく、静脈から鎮痛薬(麻酔)を投与する無痛分娩方法です。投与された鎮痛薬は、ママと赤ちゃんの脳にも届くため、眠くなってしまうケースも少なくないと言われています。もちろん、鎮痛薬の効き目が切れてくれば、ママや赤ちゃんも普通の状態におります。ただし現在では点滴からの鎮痛薬投与よりも、硬膜外麻酔が実施されるケースの方が多く、そちらの方が一般的になっています。

気になる無痛分娩の費用無痛分娩の料金は高い?

無痛分娩の料金は、普通のお産にかかる費用のオプションといったイメージです。具体的な料金は、施設によって異なりますが「個人施設・一般総合病院・大学病院」の順番で高額になる傾向があるようです。詳しくは、それぞれの医療施設に確認していただきたいですが、基本的に5万円〜10万円前後必要となることが一般的でしょう。相場としては決して格安ではありませんが、分娩時の痛みが怖い初産のママなどにとっては、充分検討に値する料金ではないでしょうか。

費用は保険適用されるの?

無痛分娩にかかる費用は、保険適用外となります。ただし、出産育児一時金や医療費控除を上手に利用することで、無痛分娩にかかる費用負担を軽減することが期待できます。以下、無痛分娩に利用したい制度をチェックしてみましょう。

■出産育児一時金
国民健康保険や健康保険の加入者であれば、出産に際して「出産育児一時金」として42万円が受け取れます。自然分娩はもちろん、無痛分娩でも問題なく支給されます。ただし、出産費用の安い県や地域を除いて、無痛分娩のオプション料金(麻酔費用)の分まではカバーできない可能性も考えられます。詳しくは、厚生労働省のホームページ(*1)をご覧ください。

自治体ごとの手当
お住まいの地域によっては、出産に対する独自の手当て支給を行っているケースもあります。無痛分娩の費用が心配な人は、あらかじめ自治体窓口などに相談してください。

■医療費控除
次にご紹介しますが、無痛分娩では副作用などのリスクもあります。このような場合には、薬の処方や通院が必要になるかもしれません。仮に、1年間の医療費が10万円を超えた場合には「医療費控除」の対象となり、還付請求によって税金が戻っているケースもありますので、確認しておきましょう。なお、出産にかかる費用(定期検診、検査、通院費用など)ほか、家族の分の医療費も合算できます。詳しくは国税庁のホームページ(*2)をご覧ください。

(*1「出産育児一時金の支給額・支払方法について」厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/shussan/index.html
(*2「医療費控除の対象となる出産費用の具体例」国税庁
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1124.htm)

無痛分娩で可能性がある4つの危険性CASE①重い合併症は稀

無痛分娩における重い合併症は比較的稀であるとも言われています。しかし、他の様々な医療行為と同じく、無痛分娩のリスクもゼロではありません。例えば、「脊髄くも膜下麻酔」は硬膜外麻酔と併用されるケースがあることをすでにお伝えしました。しかし、硬膜外麻酔の実施で意図せず、くも膜下腔にカテーテルが入った場合、一時的な脱力や呼吸の苦しさに襲われるケースもあるようです。さらに、下で詳しくお伝えしますが、血圧低下や痛み、しびれほか、死亡事故が起きるケースもあります。リスクがゼロではないからこそ、信頼できる医療機関に任せることがとても大切になってきます。

CASE②血圧低下

軽い血圧低下は、硬膜外麻酔における一般的なリスクとして知られています。しかし、体を横向きにしたり、点滴によるケアを行うことで、比較的容易に予防・治療が可能です。

CASE③痛み・しびれ

硬膜外麻酔においては、痛みやしびれのリスクもあります。例えば、挿入したカテーテルの先っぽが血管内に入ってしまったときなどには、局所麻酔中毒が起きるケースもあります。具体的には唇や舌のしびれほか、一時的な痙攣といった症状が見られます。また、麻酔によって痛みを感じにくい状態で、カテーテルが皮膚を圧迫していた場合、下半身のしびれや痛みが起きるケースもありますが、症状はいずれも軽いと考えられます。さらに、カテーテルを抜いた後に強い頭痛がしばらく持続するケースもあるようです。

CASE④死亡事故

妊婦さんの苦痛を和らげる上で大変メリットのある無痛分娩。しかし、死亡事故を含む重大事例が起きるケースもゼロではありません。現在、無痛分娩の国内実施数は正確に把握されておらず、同時に事故状況も把握しきれていない面があります。

無痛分娩はどんな医療機関でできるの?病院の選び方

無痛分娩は産婦人科で実施されますが、行っている医療機関は限られます。その中で「無痛分娩のメリットだけでなく、デメリットや危険性もしっかりと伝えてくれる病院」を選ぶべきです。特に、無痛分娩の実績や症例数をホームページなどで公開している病院は、無痛分娩を実施する候補として考えることができるでしょう。少なくとも「ただ単に料金が安いから」「家から近いから」などといった安易な理由だけで、病院を選ぶ事は避けるべきといえます。

無痛分娩施行施設のリスト

無痛分娩を実施する施設は、日本全国に存在します。日本産科麻酔学会のホームページ(*)には、無痛分娩施行施設の紹介がありますので、ぜひ参考にしましょう。ただし、日本産科麻酔学会のホームページで紹介されている施設によっては、現在は無痛分娩を実施していないケースもあるようなので注意しましょう。さらに、今回ご紹介した以外の無痛分娩方法を実施する施設が掲載されている可能性もあります。気になる施設がある場合には、事前に電話などで確認するようにしてください。

(*「無痛分娩施行施設」日本産科麻酔学会
http://www.jsoap.com/painless_enfa.html

まとめ

無痛分娩で、お産における痛みを軽減することで、ママの精神的ストレスや恐怖心を取り除くことができるでしょう。すでに海外などでは広く普及している反面、いくつかのリスクがある点にも注意ししたいですね。無痛分娩について気になることや、わからないことがあれば、かかりつけの産科医へご相談ください。

【医師監修】無痛分娩の種類と方法、知っておきたい4つの危険性は?