エムアイセブンジャパンは本日より、圧倒的な音質とパフォーマンスで注目される64Bit DAWStudio Oneスイッチしたプロフェッショナルを紹介するSwitch to Studio One ユーザーストーリーを公開した。記念すべき第一弾(issue #1)に登場したのは、伊橋成哉氏。

2004年hitomiへの楽曲提供を皮切りに、プロデューサー/コンポーザーとしてのキャリアをスタートさせた氏は、その後も浜崎あゆみ倖田來未AAA、テゴマス、misono、橘慶太、山下智久SDN48など、ヒット・チャートを賑わす多くのアーティストに楽曲を提供し、日本のこれからの音楽シーンを担う旗手として、業界関係者からの注目を一身に集めている。

昨年末、シンプルな操作性と軽快な動作に惹かれてStudio Oneを導入した伊橋成哉氏は、長年使い続けたDAWソフトウェアからStudio Oneへ“スイッチ”。移行した理由とその使用感を独占インタビューしている。StudioOneへのスイッチを検討している人はもちろん、全てのDAWユーザーへ有益なユーザーストーリーとなっている。

関連リンク

独占インタビューページwww.mi7.co.jp/products/presonus/story.php
Studio One 製品ページwww.mi7.co.jp/studioone/
伊橋成哉氏の公式サイトnaruya.net