ヒカキンさんや最近話題のヒカルさんなど、Youtuberは小・中高生を中心に大人気だ。

そんな中、やはりお子さんが「Youtubeばかり見て・・・」と嘆く親も多いかもしれない。

その声に対し、森哲平 (@moriteppei) さんのTwitterでの発言がいま注目を浴びている。

それがコチラだ。


「うちの子はyoutubeばかり見てます。どうにかしてください」という親は多いけど、「わかりました。youtubeするヒマもないくらい、お子様と遊んであげてください」と言ったら、多くの親が「できません」って言うと思う。問題はyoutubeじゃない。

— 森哲平 (@moriteppei) 2017年8月14日

子どもにyoutube見るのをやめさせる方法は簡単。youtubeより面白い遊びを提供してあげればいい。一緒にうまい棒大量に買いにいって、それで塔でもつくれば、youtubeなんか忘れて熱中すると思う。

— 森哲平 (@moriteppei) 2017年8月14日

念のため。「youtubeばかり見せて子育て手抜きしてる親が悪い」という意味ではない。今のご時世、共働きも多いし、家事も育児もある。親だって人間。自分の時間もほしい。そして、ぼくはyoutube見ること自体がそんなに悪いことだとは思ってない。

— 森哲平 (@moriteppei) 2017年8月14日


まずはYoutube自体が問題ではなく、Youtube以上に面白いと思えるものがないのが問題だと。

なので、子どもにYoutubeを見るのをやめさせる方法は「Youtubeより面白い遊びを提供してあげればいい」という。

かといって、さまざまな家庭の形があるので親を責めるわけではない。


「子どもがyoutubeばかり見てる」と苦々しく言う親ほど、youtubeが何なのか、どんなユーチューバーがいて、何をしてるのか。ほとんど知らない。自分もyoutubeを見るだけで、子どもと共通の話題ができて、コミュニケーション円滑になるのに。

— 森哲平 (@moriteppei) 2017年8月14日

著名なユーチューバーがまさに同じことを言っていた。youtubeをただ単に見せるより、youtube見る時間を学びの時間に。一緒にyoutubeを見るところからはじめよう、という一冊。 pic.twitter.com/MzwzKAztqY

— 森哲平 (@moriteppei) 2017年8月14日

テレビだろうが、Twitterだろうが、youtubeだろうが、ボヤーッと見てたら頭悪くなるだろうし、考えながら、課題や問題意識を持ちながら見たら、絶好の教材になる。どうせそこに大量に時間を使うなら、意識的に見るコツを教えておいたほうがいい。

— 森哲平 (@moriteppei) 2017年8月14日


森さんが言うように、Youtubeを「ダメ」と決めつけるのではなく、Youtubeに興味があることを“プラス”に捉え、むしろYoutubeを活用するほうがいいのではないか。

「うちの子はyoutubeばかり見てます。どうにかしてください」という親は、一度この発想の転換をしてみてはいかがだろうか。

Youtubeに限らず、この考え方は応用できそうだ。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

【発想の転換】子どもに「Youtubeばかり見て…」と嘆く親に対するアンサーが秀逸