漫画や絵画の絵柄は、好き嫌いが分かれる。作者の個性が如実に反映されるし、クセが強いのに多くのファンを魅了する絵を描く人もいれば、万人に浅く広く支持されるような絵柄が得意な人もある。

とは個性。それぞれに違った良さがある。

とは言え、一部の人々から、なかなか理解されない絵柄もある。それが今回テーマに掲げる、「萌え絵」だ。(文:松本ミゾレ)

「不快感でいっぱい」「キモすぎる」と辛辣な賛同意見も

先日「ガールズちゃんねる」に「世の中に萌え絵が溢れすぎてませんか?」というなかなか気持ちいいほど直球タイトルのトピックが登場した。投稿者の意図するところはこうだ。

「当たり前のように企業自治体コラボしたり、ポルノまがいのゲームCMも流したり、頭が痛くなる」

ただ、「個人でヒソヒソ楽しむ分には許容できる」とも言っている。要するに、に触れる場所で、萌え絵が幅を利かせているのが許せないってことのようだ。

今回、このトピックには様々な意見が寄せられているが、多くはトピックを立てた人物への賛同だ。

「ホントそう。 持ち歩けバス時刻表にまで萌え絵。不快感でいっぱい」
ロリコンの需要が増えてるのはこのせい。日本変態が多いと世界に発信しているようなもの」
「ほんとほんとキモすぎる。いたるところに溢れてる。描く人も喜んで見る人も気持ち悪い

こんな感じに「おいおいちょっと言葉が過ぎるんじゃないの?」と心配になってしまうような飛ばしまくった意見が本当に多い。もちろん中には「時代の流れだから……」と理解しようとする人たちもいるんだけど、かなり少数である。

絵柄でなく描かれ方の問題? 「性的バイアスがかかってるのが良くないと思う」

萌え絵がなぜ女性から評判が悪いのか。考えるまでもなく、「萌え絵」=「男性オタクが楽しむために用意された女の子イラスト」という認識があるからだろう。萌え絵ってやっぱりオタク向けのコンテンツで多用されているし、そういった絵に熱狂するオタクに気味悪さを感じた結果、絵にも否定的になったんだろう。

それから、

「絵柄じゃなくて、とか股とかの部分に現実にはあり得ない線や影があって強調し過ぎだったり、若い女だらけだったりして、性的バイアスがかかってるのが良くないと思う」

ってコメントがあったように、描かれる女の子がやたら露出が多かったり扇情的だったりすることへの嫌悪感もあると思う。確かに萌え絵は、他ににする絵柄より性的な雰囲気なものが多い気がする。こっちがめてないのにそういう絵がに入るのは喜ばしいことではないし、的な間にそぐわないって気持ちもわからなくもない。

正直なところ萌え絵は苦手だし、好きか嫌いかでいうと嫌いではある。ただ、それでも世の中に萌え絵が溢れているのは需要があるからだし、企業自治体も、その需要を利用してなんとか良い結果を出そうと模索しているわけなので、それを思慮に否定するのは、はちょっと勝手だと思う。

観光でおとか行くと、こういう絵が溢れてるんだよね。町おこしで取り入れるんだろうけど、せっかく歴史があるところも安っぽくなるよ」

ってがあったけど、この手の苦言って、仮に絵柄が変更されたとして、苦言を言った人達がその変更後のサービスお金を投じるかどうかは未知数だ。だったら、苦言ばかりで投資してくれるかもわからない人より、最初から萌え絵が好きでを出す層をターゲットサービスを施す方が効率的だろう。絵に誘われてやってきた観光客がお金を落とし、経済を活性化させている事例は多々ある。

要するに、個人の「見てて苦痛だから排斥しろ!」がどこまで通るかって話だ。