都民ファーストの会に所属する東京都会議員・音喜多駿氏のきが炎上している。元東京都知事の舛添要一氏の生活について「カップ麺を食べる貧乏生活をされているらしいですが、全にダウト」と発言。ツイッター上で、「貧困者の実態が分かっていない」と批判が殺到している。

「節約の実態を知らない人はすぐにカップ麺貧乏生活と思い込みがちです」

音喜多氏(画像は公式ホームページから)

添氏は8月17日の「有吉ジャポン」(TBS系)や8月27日「サンデー・ジャポン」(同系)に出演し、現在の生活ぶりを明かしていた。160万円台だった都知事時代から一変し、今では収11万円だという。生活費を少しでも節約しようと庭菜園で野菜を育てたり、カップ麺を食べて食費を削ったりと努している様子が放送されていた。

喜多氏はこうした添氏の姿勢を

「なんか添前都知事がテレビ番組に出て、カップ麺を食べる貧乏生活をされているらしいですが、全にダウト。節約の実態を知らない人はすぐにカップ麺貧乏生活と思い込みがちですが、本当にコストセーブできるのはパスタです。カップ麺など贅沢品!相変わらずなのですな、この方は……」

と一蹴したのだ。

喜多氏は以前から、事あるごとに添氏を批判していた。昨年話題になった添氏の高額な海外出張費に関しては、自身のブログでも定期的に取り上げる他、議会でも質問をぶつけていた。

「失礼ですが、あなた本当に北区の代表ですか?」

番組で放送された添氏の現在の様子に、「庶民」を演出する意図があった可性は否定できない。音喜多氏としてはそうした欺瞞をタネに添氏を批判したかったのだろうが、論見は外れ、反論が相次ぐ事態となってしまった。

カップ麺の相場は、特別に高級な品を除けば1つ100円程度だが、ツイッターでは

パスタだけでげると思ってますか。甘いです。やったことある人なら分かるけど、結局何かしらのオカズが必要になるので安いカップ麺買ったほうがげます。知らんでしょ?」

といった摘が寄せられた。や具パスタより、カップ麺のほうが満足感が高く、持ちも良かったりもする。また、ご飯を炊いたり湯を沸かしたりといった手間、熱費を考えれば、カップ麺で済ますことを「贅沢」とは言えないだろう。

喜多氏の出身区の北区は、経済的にはあまり良好とはいえない。2014年には同氏が自身のブログで、23区内を均所得順に並べると北区が最下位だとも明かしている。こうした背景があっての発言だったことも火に油を注いだようで、

「失礼ですが、あなた本当に北区の代表ですか? 北区の住民の実態を把握していないとしか思えませんが。 お金い、体い高齢者が選挙区にどれだけいるか知ってますか」

と、議員としての姿勢に疑問を呈するもあった。同氏の発言を受け、ツイッターでは「都民ファーストの箝口令は名采配だったんだなあと感心している」という皮も出ていた。