名守護神の引退後を見据えて、水面下で争奪戦が勃発か

 

 来年のロシアワールドカップ(W杯)本大会終了後に現役引退することを示唆しているイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンに対し、すでにセカンドキャリアを中心とした4つのオファーが届いているという。イタリアサッカー専門メディアカルチョメルカート・コム」が報じている。

 

 ブッフォンは今も所属するイタリア王者ユベントスイタリア代表の双方で、正GKとキャプテンを務めて大車輪の活躍を見せているが、来年1月末で40歳を迎える。最後の大舞台としてW杯出場を考えているとされ、その戦いを区切りに現役引退することを本人も示唆している。そして注目されるのが、どのようなセカンドキャリアをブッフォンが望むかだが、歴代でもレジェンド級の実績と素晴らしい人間性を持つ守護神を巡り、すでに水面下で争奪戦がスタートしているという。

 

 まずは所属クラブユベントスが、ブッフォンフロント入りを望んでいるという。現在、クラブ副会長をOBの元チェコ代表MFパベル・ネドベド氏が務めているが、2001年からユベントスプレーするブッフォンを役職にこだわらずクラブに残したいと考えているとした。

 

 それと同時に、イタリアサッカー連盟もブッフォンを手中に収めたいと考えているという。同連盟のカルロ・タベッキオ会長は代表監督人事などで多くの批判を浴びているが、ブッフォンを連盟のポストに据えたいとの意向を示しているとした。

 

 

 

盟友ピルロが説得すれば翻意の可能性も?

 

 さらに、国際サッカー連盟FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長も、ブッフォンに対してFIFAの要職に就くオファーを準備しているという。世界レベルの実績と人気、知名度を誇るブッフォンだからこその発信力や現場の経験を反映することに期待があるという。

 

 それと同時に、アメリカMLSニューヨーク・シティFCは、現役引退を撤回してMLSプレー続行を求めるオファーを準備しているという。チームにはイタリア代表とユベントスで盟友だったMFアンドレア・ピルロも所属。ピルロも説得に加わることがあれば、守護神が翻意する可能性もあるだろうか。

 

 ブッフォン自身は現地メディアに対し、「これ以上、キャリアを終えた後に僕が何をするのかという質問をしないでほしい」と、セカンドキャリアに対する質問をシャットアウトしているという。歴代でも5本の指に入る名GKは、W杯を終えた後にどのような形でサッカーに関わっていくことになるのだろうか。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

フットボールゾーンウェブ