吉谷光平「あきたこまちにひとめぼれ」の単行本1巻が、本日9月28日に発売された。

【大きな画像をもっと見る】

漫画アクション双葉社)で連載中の同作は、“米に合う料理しか出さない”米食堂「こまち」を舞台に描かれる青春ラブコメ。秋田でひとり暮らしを始めたばかりの高校生・西宮虎次郎は、お腹を空かせてふらりと訪れた「こまち」で看板娘の秋田小町と出会う。「米なんてどれも同じ」と考えていた虎次郎だったが、「こまち」のご飯を食べてお米の魅力に気付かされ……。1巻には正しいお米の炊き方、好みにあったお米の選び方など、お米に詳しくなれるコラムも収録。監修は五つ星お米マイスターの西島豊造が務めている。

「あきたこまちにひとめぼれ」1巻