ファッションショーの舞台を訪問、PSGは“注アパレル”の一つに

 

 パリ・サンジェルマンPSG)に移籍したブラジル代表FWネイマールウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとPKを巡って争うなど、プレー以外の部分でも大きな話題を振りまいている。そんななかブラジル代表の盟友DFダニエウ・アウベスとともにパリファッションショーを満喫しているようだ。

 

 ファッションの都で知られるパリ現在ファッションウィーク」と呼ばれ、各ブランドが流行の最先端を取り入れた衣装の数々を発表。トップモデルが“キャットウォーク”でその美をアピールしている。

 

 スペインAS」によると、アウベスネイマールはそのファッションショーの舞台を訪問。ショー開幕前に、Vネックのシャツに手なジャケット、そしてサングラス姿のアウベスがばっちり決めた表情で闊歩すると、カジュアルな格好に身を包んだネイマールも後に続いて歩く。陽気なブラジル人らしく、最後はお互い笑みを浮かべていた。

 

 実は今回のファッションウィークで、PSGは“注アパレル”の一つとなっている。トップモデルPSGホームユニフォームパンツとともに合わせたリ、セカンドユニフォームを複雑な裁断によってワンピースにしてあしらい、それぞれのユニフォームつなぎ合わせてみるなど、様々な趣向を凝らしている。フランスレキップ」の「SportsStyle」でも特集を組まれているほどである。

 

 アウベスネイマールがその“特注ユニフォーム”を着用して登場することはなかったものの、今の移籍市場で全世界から注された効果が、ファッション業界にも影を及ぼしたのかもしれない。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

 

 

 

動画】Fotomac公式ツイッター投稿された「ネイマール&アウベスモデル気分で闊歩する様子」

 

 

https://twitter.com/fotomac/status/913659672145596416

Fotomac公式ツイッター投稿された「ネイマール&アウベスモデル気分で闊歩する様子」

 

フットボールゾーンウェブ