本日発売のニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンですが、ネットではさっそく転売のほうが始まっております。価格は倍近い15,000円~20,000円と大変高価なものになっております。さすが前回の「ミニファミコン」の人気ぶりは、スーパーファミコンにも健在だということですが、実は大変な事実が判明しました。ー900個入荷したのに・・・

さて前回の「ミニファミコン」の教訓とニンテンドースイッチの品薄を考慮し、大量に仕入れた「ビックカメラ」や「ソフマップ」で販売のほうが始まったようです。中には900台という大量の商品を入荷し、万全の体制で行列に備えたようですがとんでもない結果が待っていたようです。

本日発売ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン秋葉原ソフマップ アミューズメント館では抽選販売なんと900台に対し、ならばれてる方は25人くらい・・抽選するってレベルじゃねぇ pic.twitter.com/B31OpBTzzq

— ツルミロボ (@kaztsu) 2017年10月4日

[今朝の秋葉原、行列・その他]
行列:ソフマップAM館=25人、アキバソフマップ①=12人、ビックカメラAKIBA=34人、ヨドバシ=24人(7:00頃)
ほか:ビックカメラ系はミニ スーパーファミコンを抽選販売 pic.twitter.com/5d1bxnfLka

— ツルミロボ (@kaztsu) 2017年10月4日

ミニスーパーファミコン抽選販売
(台数:受付開始時人数→終了時人数)
アキバソフマップ① 600台:約50人→145
ソフマップAM館 900台:約100人→270
ビックカメラAKIBA 800台:約250人→549人 pic.twitter.com/xsKQRrXLeT

— ツルミロボ (@kaztsu) 2017年10月5日

おはよう。相模大野ビックカメラはミニスーパーファミコン購入誘導列を作成中。流石に誰も並んでいなかったね。 pic.twitter.com/hTsLQE3WGU

tanacala (@tanacala) 2017年10月4日

クラシックミニ人気とは何だったのでしょうか・・・。なんと行列には、予想を遥かに下回る散々たる状況のようです。

もちろん、行列に並ばず購入するという方もいるのかもしれませんが、まず行列に並んで購入するというのが楽しみということもある方も居るはずなので、この状況はこのシリーズの先行きが不安にもなってきてしまいます。

さらに転売を目論んでいた、いわゆる「転売厨」には非常に残念な結果だと思われますが、ある意味任天堂もその対策として大量に用意していたのかもしれません。


ヤフオクでは倍近い価格で転売されておりますが、そうしなくても手に入りそうですね。

大量に生産すればあまり、少なければ転売厨の格好の餌食に。
商品販売は難しいですね。

ニンテンドークラシックミニ64は出るのでしょうか。

(秒刊サンデーたまちゃん

画像が見られない場合はこちら
amazonで頼んだミニスーファミ「届かない」問題発生!注文者悲鳴