ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・UBIのゲームイベントが開催
・公式大会で18禁ゲーム15歳が優勝
ゲームタイトルは『FOR HONOR

続報:UBIの公式ゲームイベント CERO Z指定ゲームで15歳が優勝したことについて謝罪

2017年10月9日に開催されたゲームメーカーUBIのイベント「UBIDAY2017」にて『FOR HONORフォー・オナー)』の日本一決定戦が開催された。

FOR HONOR』とはナイト、侍、ヴァイキングなどが乱れて叩く戦アクションゲーム。ただこのゲームグラフィック描写がリアルな反面グロテスクな表現があることから日本では「CERO Z」いわゆる18歳以上のみの対象として販売されている。

そんな『FOR HONOR』の日本一決定戦で優勝したのが15歳の少年なのだ。GAME WatchのTwitterには「最年少15歳チャンピオンが誕生しました(°▽°)!!(なっつ)」と紹介しているが、CERO区分のことを忘れているようだ。

このCEROは法律で適応されているわけでなく、CEROが定めた自主規制のようなもの。違法とかではないが、「CERO Z」にあたる18禁ゲームを遊び公式の大会で優勝してしまうのは好ましくないのでは?

CEROコンピュータエンターテインメントレーティング機構

続報:UBIの公式ゲームイベント CERO Z指定ゲームで15歳が優勝したことについて謝罪

動画はこちらからご覧ください

【UBIDAY2017】FOR HONOR日本一決定戦、優勝はえだまめすけ選手!
最年少15歳チャンピオンが誕生しました(°▽°)!!(なっつ)#UBIDAY2017 #ForHonor pic.twitter.com/EKhSxkuMOw

GAME Watch (@game_watch) 2017年10月9日