11日、バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルツイッター上にメッセージを掲載。以前から噂されていた代表引退を否定した。同日付のドイツメディアSPORT1』が伝えている。

 チリ代表は10日に2018 FIFAワールドカップ ロシア予選第18節(最終節)でブラジルと対戦し、0-3と敗。3位から6位へと一気に転落し、3大会ぶりにW杯出場を逃すこととなった。

 ビダルは先W杯終了後に代表チームから引退する意向を地元メディアっていた。南予選が決まり、動向に注が集まることとなった。

 試合後にはツイッターにて「全てに感謝したい。本当にありがとう。ともに過ごした年、全ての試合に人生げたこと、努ハードワークをすれば、人生ではどんなこともできると教えてもらったこと、このに教えたこと、その全てにありがとう!」と、代表引退を示唆するメッセージを掲載していたビダルだが、11日には以下のように記している。

チリ戦士たちが集うチームであり、このチームの一員であることを誇りに思う。そして、自分はこのチームを見捨てたりはしない。最後までともに歩むよ。もしもまた呼ばれたら、いつだって代表チームのために戦う」

 来年のW杯で有終の美を飾ろうとしていたビダルだったが、想定外とも言える南予選敗退に直面。民の落胆をの当たりにして、再びチリ代表が際舞台に戻るためのとなることが長年の恩に報いるだと考えたようだ。

(記事/Footmedia

チリ代表引退を否定したビダル [写真]=AMA/Getty Images