10月4日バンド生活28年目の20枚目のニューアルバム異次元からの咆哮」をリリースした人間椅子。ヘヴィでポップハードロックは健在で、はやくも「噛めば噛むほど味が出るアルバム」「好きすぎて何回も聞いている」など大大大好評だ。

 そこで、前回もトカナで数々の不思議な話を語ってくれた、人間椅子メンバーの中でも大のオカルト好きとしても知られる和嶋慎治(G, Vo)に、アルバム各曲に込められた狙いから、現代日本の最新オカルト事情までうかがってみた。(聞き手:オカルト研究家の吉田悠軌)

【その他の画像と動画はコチラから→http://tocana.jp/2017/10/post_14742.html

――今回のアルバム制作にあたって、心がけたことはなんでしょうか?
 
和嶋氏(以下、和嶋) 前回の『怪談 そして死とエロス』というアルバムが好評で、バンドとしても手ごたえがあったので、その流れを汲んだものを作ろうと思いました。前回は「あの世」から見たこの世でしたが、今回はそれをもっと広げて「異次元」でいこう、と。

 僕は異次元というものがあると考えてるんですよ。UFOとは火星や木星など3次元の宇宙から来るのではなく、実は異次元から来るんじゃないかと思っていて。ナマハゲにしても、そこに見える実際の山から来るのではなく、別の次元の山から来るような気がするんですよね。「異次元」から見たこの世ということで、タイトルは色々悩みましたが、結局ストレートに『異次元からの咆哮』としました。


――前回のアルバム同様、さまざまな文学作品からの影響もうかがえます。

和嶋 文学作品からのオマージュも入れたいと思っていましたからね。“この世をなんとか変えたいなと思う時、正義の味方になれないなら悪魔に魂を売ってでも何かやりたい――”そんな歌を書こうとした時、夢野久作『悪魔祈禱書』をタイトルにするのがいいな、とか。現実になじめないアウトサイダーの歌をつくりたい時に、谷崎潤一郎『異端者の悲しみ』を持ってこようかな、とか。


――さすが、読書家の和嶋さんらしい。

和嶋 全体的に、神様よりも悪魔や異形のものの側の立場にたっていますね。そもそもロックミュージックそのものが“そっち寄り”なワケですし。あまり神の立場に立って書いてしまうと、すごく説教くさくてキレイすぎちゃって魅力がない。それに比べると悪魔は魅力のかたまりなんです。なんといっても人間を誘惑する訳ですから、魅力がないとダメ。だから、自分としても、そっち側で書きたい気持ちがあったんです。

ただ、完全に悪魔的なことは歌いたくない。それはもう「悪」ですから。とはいえ人間は光と闇のどちらも持っているのだから、闇で光を照らすというか、闇があって光り輝くという風にできたらなと考えて制作しましたね。

――和嶋さんにとっての悪魔は、具体的にどのような存在なのでしょうか?

和嶋 宇宙人=悪魔説ってあるじゃないですか。キリスト教原理主義者の人たちも「宇宙人は悪魔だからUFOを信じてはいけない!」って言いますしね。それ、核心ついているなと思うんですよ。悪魔を現代的に展開させたのが宇宙人ではないだろうか、と。アダムとイブも悪魔から知性をもらっているように、悪魔というのは、いつも人間の覚醒をうながすという一面を持ってるんです。つまり悪魔は必ず、人間より少し進んだテクノロジーを持ってくるということです。飛行機より前の時代には飛行船で来たりして、その時代より「ちょっとだけ進んだもの」を見せてくれるんです。

 現実というのは、そういった色々な異次元からのアプローチがあるということ。それらもひっくるめての世界なのだという現実を、自分なりの言葉で色々な角度から言いたかったんです。その場合、「異次元」を持ってくるとなんでもできちゃうんですよ。悪魔だけでなく、宇宙人も鬼もモノノケも。

 異世界との対比によって、現実なんて実体がないと思えてくる。仏教でいう色即是空。我々は「現実があるんだ! 現実が永遠に全てだ!」と思い込んでいるから苦しみが生まれてしまう。でも実は、形あるものは必ず滅びるし、実体がない。異次元の中の一つの現れに過ぎないんだ、ということも言いたいんです。だから一曲目はストレート色即是空を歌った「虚無の声」。それを都会的な現代人の視点で言ってみたのが「太陽がいっぱい」ですね。
(文=吉田悠軌)

※画像は、人間椅子公式HPより

イメージ画像は、「人間椅子公式HP」より