本日10月25日に発売された月刊アフタヌーン12月号(講談社)にて、三都慎司「ダレカノセカイ」と、如月芳規「恋の罪 -エルネスティナ-」の新連載2タイトルスタートした。

【大きな画像をもっと見る】

「ダレカノセカイ」は、“クリエイター”と呼ばれる異能力を持った存在を描くSFアクション。高校卒業を間近に控えた主人公・加茂野ゆかりは、いつものように学校に通い、幼なじみの伊藤奈緒とともに帰宅していた。そんなゆかりの前に、少女・アーニャと謎の巨大生物が突如現れる。格闘するアーニャ巨大生物に動揺するゆかりだが、そこで自分が恐るべき異能力を持つことを知る。

また「恋の罪 -エルネスティナ-」は、マルキ・ド・サドの「恋の罪」を原作とする物語。18世紀のスウェーデンで商人をしているヘルマンは、恋人のエルネスティナと結婚を決めていた。しかしヘルマンは、街の権力者であるショルツ夫人からの求婚を断れずにいた。そんな中、ショルツ夫人が主催する舞踏会に、エルネスティナも招かれる。ヘルマンは罠だと感じるが……。

なお今号では、テレビアニメが放送中の市川春子宝石の国」が2号連続で表紙に登場。また2巻が発売されたばかりの、椎名うみ「青野くんに触りたいから死にたい」が巻頭カラーを飾った。

「ダレカノセカイ」扉ページ。