ダウベルト、カンセロが加入も、長友とダンブロージオの“古参コンビ”が信頼獲得

 

 インテル日本代表DF長友佑都が、現地メディアでの評価を大きく高めている。イタリアサッカー情報サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、インテルサイドバック事情を「長友とダンブロージオが、ダウベルトとカンセロを屋根裏部屋に押し込む」と、昨季まで在籍していた二人がレギュラーを確保している状況を特集している。

 

 インテルは毎年のようにサイドバックを補強し続けているが、今オフも例外ではなかった。左サイドにはブラジル人DFダウベルトが補強され、右サイドにはポルトガル代表DFジョアン・カンセロがチームにやってきた。そして、その二人にかけたコストそれなりのものになっている。

 

 フランスのニースから加入のダウベルトには、移籍金2000ユーロ(約27億円)が費やされた。バレンシアから獲得したカンセロには、入れ替わりでの移籍となったフランス代表MFジョフリー・コンドグビアとの取引条件が条項に含まれるとはいえ、コスト的には3500万ユーロ(約47億円)となっているという。

 

 しかし、その新加入SBコンビを差し置いて、今季から指揮を執るルチアーノ・スパレッティ監督の信頼を獲得したのは、昨季の時点でチームに在籍していたDFダニーロ・ダンブロージオと長友だった。ダウベルトは序盤戦で長友との激しいポジション争いがあり、リーグ10試合を消化した時点で283分間のプレータイムを得ているが、カンセロはわずか31分間。それもカンセロはサイドバックではなく、1列前のサイドハーフの交代要員とされているのが現状だ。

 

 

 

「スパレッティの守備システムで重要な存在」

 

 特集では「インテルは再びサイドバックを補強する必要があるのか。いや“古きもの”のコンビで非常に上手くいっている。それがダンブロージオと長友であり、近年批判され続けてきた二人だが、サンプドリア戦でも非常に良いプレーをしている。彼らはスパレッティの守備システムにおいて、重要な存在だ。そして順位表を見れば、このままで良いことが分かる」と、繰り返されてきたサイドバック補強に打って出る必要はないと結論づけている。

 

 インテルは現地時間24日のサンプドリア戦に3-2で勝利したことにより、8勝2分でリーグ無敗を継続。試合日程が1日遅いナポリをかわし、暫定首位に立っている。その重要な役割を担っているとされるダンブロージオと長友の“古参コンビ”は、現地メディアでも評価を高め続けている。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

フットボールゾーンウェブ