ジローナに敵地で1-2と逆転負け カゼミーロが奮起を求める

 

 レアル・マドリードは29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節の敵地ジローナ戦で、1-2の敗戦を喫した。2部からの昇格1年目のチームに敗れるのは2008年2月のアルメリア戦以来の屈辱となったチームの中で、ブラジル代表MFカゼミーロは「もっとハードワークしないといけない」と苦言を呈している。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 

 前半12分にレアルは敵地で先制に成功した。左サイドエースFWクリスティアーノ・ロナウドキャノン砲を放つと相手GKがこぼし、これをMFイスコが抜け目なく押し込んだ。

 

 だが、チームはあっさりと崩れてしまう。ジローナの逆襲を前に後手に回り、最終ラインが完全に崩された。そして後半9分、13分とよもやの2失点を喫して苦杯を舐めさせられた。フル出場を果たした中盤のダイナモは、不甲斐ない現状に苦言を呈している。

 

「我々は今日、良いプレーをしなかった。決定機を作ることができず、沈黙を余儀なくされた。我々はもっと良いプレーを、ハードワークをしなければいけない」

 

 カゼミーロは敵地での逆転負けを妥当なものだったと受け入れた上で、チームメイトの奮起を求めた。

 

 

 

バルサと勝ち点が離れ「みんな心配している」

 

 その後報道陣から「ジローナFWポルトゥがヒールキックで決めた決勝点はオフサイドではないか」という質問を受けたが、カゼミーロは「言い訳を探そうとはしていない」ときっぱりと語った。

 

「いつも通りの決定機を十分に作ることができなかった。あとはジローナが良い試合をしたことを祝福するだけだ」

 

 中盤で奮闘した男は潔かった。首位バルセロナとの勝ち点差は8に開いたが、「我々のライバルと目的がかなり遠ざかってしまったことは、みんな心配している。まだリーグ優勝の可能性は残されているので、我々は集中しないといけない」

 

 カゼミーロは王者らしからぬ戦いを見せる常勝軍団に、熱い檄を飛ばしていた。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

【動画】「ジローナvsレアル・マドリード」のハイライト(動画期限:17年11月28日

 

ジローナvsレアル・マドリード」のハイライト(動画期限:17年11月28日

 

 

 

フットボールゾーンウェブ