鶴岡二塁打ノーノー途切れる

 DeNA濱口遥大投手が、史上初となるポストシーズンでのノーヒットノーランの快挙を前で逃した。本拠地・横浜スタジアムで行われた1日の日本シリーズ第4戦。3連敗であとがなくなっているDeNAルーキー左腕が先発。8回途中までノーヒットノーランの快投を演じていたが、1死から代打鶴岡二塁打を浴びて途切れた。 

 左腕はこの日の初回、3試合連続で第1打席に安打を放ち、先制点のホームを踏んでいた柳田を二ゴロに打ち取ると、今宮を遊ゴロ、デスパイネには四球を与えたが、内川を三飛に切って、このシリーズで初めて初回に先制点を与えなかった。 

 2回以降もっ直ぐとチェンジアップを軸に、ソフトバンク打線を翻弄した。3回に高谷死球を与えて走者を出したが、後続を封じて失点せず。5回には高城失策で、松田振り逃げで出塁させたが、川島を投ゴロ併殺打に切った。圧巻のピッチングを展開した。 

 7回まで安打投球を続けていた濱口は、8回先頭の川島空振三振に切ったが、代打鶴岡が右中間を破る二塁打。8回1死まで続けていたノーヒットピッチングがついに途切れた。続く長谷川勇を空振三振に仕留めたが、柳田内野安打を許し、降となった。それでも3点リードでマウンドを降りる際は本拠地ファンから大きな拍手が送られた。(Full-Count編集部)