ローマFWエル・シャラウィのゴール直後、ペロッティがお尻に指を突き立てる仕草

 

 アルゼンチン代表FWがゴール直後に見せた意外な行動が、世界で話題となっている。UEFAチャンピオンズリーググループステージ第4節、ASローマチェルシー戦が現地時間10月30日に行われ、ローマが3-0と勝利した。この一戦でゴール直後のある行動が世界で注を集めている。

 

 試合は開始々に動いた。ローマが前線のFWエディン・ゼコに向けてボールを送ると、こぼれ球に反応したイタリア代表FWステファン・エル・シャラウィが右足を一。開始わずか38、電石火の先制点を叩き込んだ。前半36分には、MFラジャ・ナインゴランのパスが前線に通ると、絶妙なタイミングで走り込んだエル・シャラウィが右足で巧みに合わせてこの日2ゴールを決める。歓喜の輪が広がるなか、先発出場していたアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティが思わぬ行動に出た。

 

 ゴールを決めたエル・シャラウィは喜びを爆発させ、タッチライン際でガッツポーズを決めると、味方が一斉に駆け寄り祝福。すると、輪に加わっていたペロッティの左手がおもむろにエル・シャラウィのお尻へと伸び、を突き刺すような仕を見せる。その直後、エル・シャラウィも即座に反応。素ターンで“犯人”を特定するも、ゴールを祝う味方にもみくちゃにされた。

 

 英「ザ・サン」は「ペロッティの手がエル・シャラウィのパンツの南側を動き回った。少し親密すぎるほどだった。それが内部でのジョークの一環だったのか、単にペロッティが思い付きでやったのかは不透明だ」と記している。

 

 

 

「なんてゴールセレブレーションだ」の声も

 

 また、同記事ではファンも伝えており、「見たのは私だけ? ローマの一人の選手がエル・シャラウィのお尻に二度を突き立てていた」「ペロッティがエル・シャラウィのお尻を這わせて祝福していた」「なんてゴールセレブレーションだ!」「ペロッティは何をしてるの?」など様々なが並んだ。

 

 英メトロ」は、「エル・シャラウィが微笑んでいるので、それはおそらくチーム内部での冗談のようなものだろう」としている。一方、ペロッティのアルゼンチンメディア「Infobae」は、「不愉快なセレブレーションの一つ。ペロッティはチェルシー撃破に貢献した一人であり、奇妙なことでニュースになった」と伝えた。

 

 試合は2ゴールエル・シャラウィに加え、後半18分にペロッティが追加点を奪い、ローマチェルシーに3-0と快勝した。しかし、ペロッティはゴールよりも、意外な行動で注を集めているようだ。

 

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

 

 

 

【動画】「Tribun Dergi」‏公式ツイッターに投稿された、エル・シャラウィのゴール直後にペロッティが見せた奇妙な行動の瞬間

 

 

https://twitter.com/tribundergi/status/925492394707038209

「Tribun Dergi」‏公式ツイッター投稿された、エル・シャラウィのゴール直後にペロッティが見せた行動の

 

 

フットボールゾーンウェブ