30東京映画祭の特別招待作品『Ryuichi Sakamoto: CODA』(11月4日開)の舞台挨拶と「SAMURAI賞」の授賞式が11月1日TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、坂本龍一が登壇。坂本が、受け取ったトロフィーのように振り回して会場の笑いを誘った。

【写真を見る】坂本龍一「侍という名にふさわしいのか」と照れまくり!

SAMURAI賞」は、時代を切り開く、革新的な作品を世界に発信し続けてきた映画人に贈られる賞。坂本は、のような形をしたトロフィー見つめて楽しそうな笑顔ブンブンと振り回したり、首に当ててみたりと、サービス旺盛な坂本の姿に会場も大爆笑だった。

坂本は「よく見ると、ここにの絵も描いてあります」とトロフィーをながめ、「が最初に関わった映画戦場のメリークリスマス』では、役者として居合をするシーンがありました。撮影が始まる前に場に通って。焼きですが、を振り回すのを習いました。それを思い出しました」としみじみとった。

さらに「撮影現場では、本当のではないですが、みんなで振り回してが曲がっちゃったりして」と振り返り、「今のように環境意識も高くなく、の木をバッサバッサと切っていた。今は森林保全の活動をしていますが(笑)。そんな思い出がよぎって、思わず振り回してしまった」と続けると、再び会場から笑いが起こっていた。

またこの日は、『Ryuichi Sakamoto: CODA』の監督スティーブン・ノムラ・シブルも出席。本作は、世界音楽家坂本龍一を5年間にわたって密着取材したドキュメンタリー映画。「自分の素顔をさらけ出す、そういう趣味はない」という坂本だが、「日本人以上にが低く、丁寧。監督の人間性に惹かれて。この人だったら任せていいという気持ちになった」とドキュメンタリーの被写体となったのは、監督の人柄が要因だという。

坂本によると「撮っているうちに、色々なことが起こりすぎた」と5年の間には想像もつかないことが起きたとか。「そのうち病気になっちゃって。シメたと思ったでしょ?ドラマチックになると思ったに違いない」とからかうと、監督も「そんなことないです」と苦笑しきりだった。【取材・文/成田おり枝】

坂本龍一、「SAMURAI賞」を受賞!