3投手完封リレー宮崎高城一発猛打賞

 DeNAが崖っぷちで踏みとどまった。1日、本拠地・横浜スタジアムで行われた日本シリーズ第4戦。先発したルーキー濱口遥大投手が8回途中まで安打失点という快投を演じて、6-0と快勝。3連敗で後がない状況で待望の1勝を挙げた。 

 ルーキー左腕による圧巻のピッチングだった。濱口ソフトバンク打線璧に抑え込んだ。初回、同シリーズで3試合連続で第1打席に安打を放ち、先制点のホームを踏んでいた柳田を二ゴロに打ち取ると、今宮を遊ゴロを打ち取った。デスパイネには四球を与えたが、内川を三飛に切って、このシリーズで初めて初回に先制点を与えず、波に乗った。 

 2回以降もっ直ぐとチェンジアップを軸にソフトバンク打線を翻弄。3回に高谷死球を与えて走者を出したが、後続を封じて失点せず。5回には高城失策で、松田振り逃げで出塁させたが、川島を投ゴロ併殺打に打ち取った。 

 すると、ついに味方打線が、左腕を援護した。5回裏。先頭の宮崎が、ソフトバンク先発和田ボールを捉えると、打球は左翼ポール際のスタンドへ。先制のソロ本塁打。4戦にして初めてDeNAが先制点を奪い取ると、さらに1死二、三塁の好機を作り、倉本の右犠飛で1点を追加。7回には女房役の高城左翼席へのソロを放ち、リードを広げた。 

 大記録に期待がかかった8回。左腕は先頭の川島空振三振に切った。だが、ここで代打で登場した鶴岡に右中間を破られる二塁打を浴び、史上初のポストシーズンでのノーヒットノーランの快挙はならず。代打長谷川勇を空振三振に切り、柳田に一塁への内野安打を許したところで、濱口は降。あとを受けた2番手・パットンが今宮を打ち取り、得点は与えなかった。 

 濱口は7回2/3、119球を投げて2安打7三振失点と、璧な投球。DeNAは8回裏にさらに宮崎高城タイムリーで3点を追加すると、9回は守護山崎失点に抑えて勝利した。 

 投げてはルーキーの熱投から3投手の継投で完封リレー。打撃宮崎が1本塁打を含む3安打2打点、高城も1本塁打を含む3安打3打点と活躍するなど12安打で6点を奪った。待望の初勝利をつかんだDeNAはこれで1勝3敗とし、日本一への望みを繋いだ。(Full-Count編集部)