インスタグラムにプライベート写真を投稿 「Shopping&Dinner」と報告

 

“元ケルン”のは、ピッチを離れても変わらないようだ。J1浦和レッズ日本代表DF槙野智章が1日に自身のインスタグラム更新し、「かけがえのない親友」と呼んでいるJ1ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキとの“プライベート2ショット”を開した。

 

 前日に11月欧州遠征に向けた日本代表メンバー発表会見が行われ、ブラジル戦(10日)とベルギー戦(14日)を戦う25人に槙野も選出。バヒド・ハリルホジッチ監督は槙野について、名しで「良いパフォーマンスを続けている」と称えていた。

 

 そんな男が自身のインスタグラムで、ポドルスキとの私2ショット投稿。二人は期間限定ストア「ティファニーハードウェア×トーキョー」の看を背に、ピッチとはまた異なる様相で笑顔を見せた。槙野は写真に「Lukas東京へ遊びに来たので、Shopping&Dinner」とメッセージを添えて報告。ポドルスキが東京を訪れた際、槙野も同行して束の間のひと時を一緒に楽しんだようだ。

 

 二人はドイツ1部ケルンで同僚となり、2010-11シーズン2011-12シーズンに共闘した経験を持つ。14日に行われたJ1リーグ第29節の浦和レッズヴィッセル神戸戦(1-1)で、槙野はACLの疲労もありベンチ外となったが、ロッカルームへ引き上げた後にお互いのユニフォームを交換。ポドルスキが「久しぶりだけど、ケルン仲間に会うのはいつでも最高だね」とSNSに思いをれば、槙野も「また日本で一緒に闘える事を誇りに思う」と記していた。

 

 プライベートの時間もともに過ごすなど、籍や敵味方の垣根を越える友情関係を見せている。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

 

 

 

【写真】槙野が公式インスタグラムに投稿、“親友”ポドルスキとの私服2ショット

 

 

槙野が公式インスタグラム投稿、“親友”ポドルスキとの私2ショット

 

 

フットボールゾーンウェブ