メンバー全員卒業アナウンスされていたひめキュンフルーツ缶の、現編成によるラストライブひめキュンフルーツ缶"2010-2017"卒業~今までも、これからも~」が、彼女たちの地元である愛媛松山サロンキティで開催された。会場には入りきれないほどのファンが駆けつけ、入口を開け放ったまま満員の状態でライブが行われた。

【大きな画像をもっと見る】

開演後、タンクトップい長ズボンという衣装を着た岡本真依桜子奥村友里、菊原結里亜のメンバー4人が登場。「アンダンテ」でライブが始まると、彼女たちの歌を掻き消さんばかりの歓があちこちでく。その後も彼女たちは「それ冗談!これ本気!!」「ワタシダイイチキボウ」「ガールドントクライ」を畳み掛け、フロアはどんどんヒートアップ。「すごい熱気だ!」と尾が驚きの表情を浮かべた。1stシングル恋愛エネルギー法則」が披露されると、フロアからはひときわ大きな歓が。勇壮な「伊予女節」を経てバラード曲「絶望よ!こんにちは」に移ると、それまでのハイテンションステージとは打って変わって観客はじっくりと彼女たちの歌を傾けていた。

その後のMCでは岡本と菊原が今年20歳を迎えたことを報告。ひめキュン結成7周年の日にメンバー全員で集まってワインを飲み、頑固で弱音を吐かない岡本がその席で悩みを打ち明けてくれたことがうれしかったと、菊原が明かした。さらに岡本は、尾が一番精面で強くなったとコメント。7年の歳の重さをしみじみと振り返った彼女たちは、メンバー全員の衣装にチェンジして「モノクロビタミン」を歌い、「デッドギミック」で4本のマイクスタンドの前で奇抜なダンスを見せつけた。ラストパートをかけるように「恋が止まらない」「キラーチューン」「You stay dream」をエネルギッシュに歌い、ライブ本編は終了した。

アンコールめる「ひめキュン」コールが鳴りく中、昨年1月愛媛ひめぎんホール演でも着ていた矢絣の衣装にチェンジした4人が姿を見せた。彼女たちは本編以上にキラキラ笑顔で「ネバーバー」を歌い、「例えばのモンスター」では尾がフロアダイブ。3曲を歌い終えると、ひめキュンの生みの親である賀千プロデューサーからメンバー4人に束と卒業書が渡された。賀氏は突き抜けるような高いで、1人ひとりに対して感謝の言葉を読み上げていく。

その後メンバーは一旦ステージ袖に退場。暗転した舞台上に5人の人影がぼんやり見え、それが今年6月卒業した河野を含むメンバー5人だとわかると、会場に奮が渦巻いた。最後にった5人は、それぞれに涙を浮かべながら「卒業の日」を切々と歌唱。「私たちは5人で1つです!」と岡本が言ったあとで、河野は「半年ぶりです、穂です。直接(卒業を)言えなくてすいません。上から観てて、このグループでよかった、このグループが誇りです。多くの人に愛してもらって幸せでした!」と心を吐露。ここでまた賀氏が河野に対しても卒業書を読み上げ、ほかのメンバーに「泣いてるの?」とツッコミを入れられていた。

ここでメンバー1人ずつコメントをする流れに。奥村は「お婆ちゃんまでやると思ったけど……卒業は悔しい」、菊原は「13歳からやってきて、感情、青春のすべてをげた。ひめキュンは不器用だったけど、愛媛でやってきてよかった」、岡本は「世界中を見渡しても、こんなにされたグループはいない」、尾は「自分のことしか考えてないと社長に言われて、周りのことを考えるようになった。このメンバーが大好き」と思いの丈を述べた。

最後は11月に始動する新生ひめキュンフルーツ缶のメンバー7人をステージに招き、総勢11人で「ひめキュン参上!」を披露。全30曲、トータル3時間におよぶライブを終え、岡本が最後に「7年間愛してくれて、ありがとうー!」と感謝の言葉を発すると、この日のライブセットリストに組み込まれなかった「バズワード」が終演後の場内に流れ、観客による大合唱が沸き起こった。

ライブ終了後の打ち上げ会場でのメンバーのコメント

谷尾桜子

ライブはいつも通りにやれたのがよかったですね。今日慢できなくて「絶望よ!こんにちは」で泣いてしまって。何度か涙腺に来ましたね。お客さんも温かかったし、関係者の方もたくさん来てくれて、にあふれていたなと。7年間やってきてよかったなと、心から思いますね。

岡本真依

来週またライブがありそうな気がしますね(笑)アンコールあたりで「卒業するんだ、このメンバーで歌うことも踊ることもない、もう終わるんだ」と思ったら、涙が出てきて。でもライブ後の特典会のときにお客さんに「またね!」と言っちゃって(笑)。8人の時代にも感謝しているけど、穂を含む5人で突っ走ってきたので、ひめキュンはこの5人だなと思いました。「卒業の日」でボロボロ来ちゃいました。4人になったときも、片隅に穂を置いて、5人でやってるつもりでしたからね。最高に楽しくて、最高に幸せでした!

奥村真友里

全然、終わった感じがしなくて。もうライブをしないなんて考えられない。でもいい雰囲気で終われたから、よかったなと。終盤、体的に死にそうだったけど、いつも通りひめキュンの楽しいライブをやれたと思います。5人でステージに出たときは、さすがに泣きそうになったけど、泣かなかったです。こらえました。自分は強がりだから、泣いてるところを見られたくなくて。まいまい岡本)は最後まで、らしかったなと(笑)

菊原結里亜

今日はすごく楽しかった。ただ、アンコールは……お客さんも泣いてるし、5人で出る前に円を組んで、そのときにまいまい岡本)、さく(尾)、穂が泣くから。あと、穂の言葉でも泣きましたねえ。ただ、最後までしんみりしなかったから、それがひめキュンらしいかなって。今日バズワード」をやらなかったんですけど、なぜなんでしょう? 多分、「You stay dream」が「ここからがんばろう」という前向きな歌詞だったから、今の私たちに合ってるのはそっちだったのかなと。でもライブが終わった後にお客さんが大合唱してるが聞こえてきて、私もうれしくて。今日は間違いじゃなかったなと。自分に素直に、まっすぐやってきたことを伝えられたから。それがよかったですね。

河野穂乃花

めっちゃ緊しました、半年ぶりですからね。上で観てたんですけど、こんなにすごいグループだったんだなって。今になって、より一層思いますね。私もどういう気持ちでステージ立とうと思ったけど、来てよかったですね。ファンの方にも挨拶できたし、あの曲(「卒業の日」)でみんなとステージに立てたので、ありがとう!という気持ちでいっぱいですね。

「ひめキュンフルーツ缶"2010-2017"卒業~今までも、これからも~」2017年10月29日 松山サロンキティ セットリスト

01. アンダンテ
02. それ冗談!これ本気!!
03. ワタシダイイチキボウ
04. ガールドントクラ
05. ぐるぐる
06. iの奇蹟
07. 恋のプリズ
08. Seize the days!
09. 果てしなき
10. 恋愛エネルギー保存の法則
11. フリーノート
12. 伊予女節
13. 絶望よ!こんにちは
14. モノクロビタミン
15. デッドギミック
16. 飛びかうフール
17. モラトリア
18. 絶望アロ
19. TEAR DROPS
20. 8分の1のブレス
21. ミスターA
22. ハルカナタ
23. 恋が止まらない
24. キラーチューン
25. You stay dream
アンコール
26. ネバーバー
27. 少年
28. 例えばのモンスター
ダブルアンコール
29. 卒業の日
30. ひめキュン参上!

河野穂乃花を含むひめキュンフルーツ缶。(撮影:西槇太一)