Q. 将来、動物に関わる仕事がしたいです。具体的にどんな仕事がありますか? 文系からでもせますか?

A. 動物に関わる仕事はさまざま。文系だからできないという思い込みはなくして考えよう

まずは文系理系にとらわれず、動物に関わる仕事ビジネスを幅広く調べてみてください。さまざまな仕事の内容、必要な知識・スキルをよく理解し、具体的にやりたい仕事を考えてみましょう。

動物に関わる仕事というと、獣医師や飼育員、ペットショップ店員をまず思い浮かべるでしょう。でも、それだけではありません。その他の動物に関わる仕事をご紹介するので参考にしてみてください。

動物看護師
医師動物の診療や治療を行う際に、その手助けや動物の世話などを行います。動物をなだめて治療を受けやすいようにするなど、看護の面から動物サポートします。高校卒業後に養成スクールで学んだり、動物病院などに勤めながら学んでいく方法があります。

アニマルセラピスト
訓練された動物を人と触れ合わせて患者の気持ちを癒やし、医療や教育へ役立てます。動物の訓練や健康管理も行い、病院や福・児童施設などに動物とともに訪問する際は、人々と動物の触れ合いをサポートします。民間専門学校で知識や技術を習得できます。

動物園飼育係
動物の餌やりや運動の手伝い、飼育スペースの掃除、来園者に動物の説明をするなど、動物園の中で幅広い業務をこなします。動物の活動状況や健康状態を管理するため、動物に対する細やかな観察や注意められます。動物系の専門学校などで、動物の生態や繁殖・飼育・管理方法にまつわる知識を身に付けておく必要があります。

上記の職業以外にも、例えば動物を保護する団体の職員、動物公園を管理する仕事などがあります。飼育する仕事にとらわれなければ、動物についての本や雑誌、番組を作る仕事動物写真動物健康や医療の面から支える仕事(食品や医薬品を作る、売る仕事など)があります。


動物に関わるさまざまなビジネス行政やNPOなど、組織の活動にを向けて、面そうな仕事を探してみてください。「文系だから動物に関わる仕事はできない」という思い込みは、いったんなくしてみましょう。仕事の方向を決めて、必要なことを学べる分野を探ってみてはいかがでしょうか。

【回答者:進路のミカタ編集部】