“WANKY” GENKI WATANABE

インタビュー/FINEPLAY】Red Bull Athlete であった故佐藤により生み出され、日本でほぼ一のコンテスト形式の大会で日本FMXシーン進化、拡大に多大な影を与えている「GO BIG10周年を記念し、FINEPLAYでは出場ライダーインタビューを行った。

渡辺(ワタナベ ゲンキ)選手
ニックネーム:WANKY(ウェンキー
1989年生まれ、28歳。大阪府出身。マシンKAWASAKIのKX-450F。 小学生からモトクロスを始め、同郷の先輩である東野行選手と出会う。FMXに転向したのは2010年から。バックフリップの習得に悩んだ時期を乗り越え、今日本で一番勢いのあるライダーへと成長した。その活動は内に留まらず、2015年にはX-GAMESに出場を果たす。本年2月に来日したナイトロサーカスには、日本演だけではなくヨーロッパ演にも出演している(2016年)。2015年GOBIG2位。今年の優勝補の一人だ。

【GO BIG 2017 】FMXライダー渡辺元樹インタビュー

—あなたにとってGO BIGはどういうものですか

WANKYショーと違ってみんな本気で乗ってくるから、それが凄い楽しい。にとってGOBIGはかけがえのないコンテストです。ずっとあって欲しい。

—今までのGO BIGで印に残っていることがあれば教えて下さい

WANKY:GOBIGといえばエイゴ君(佐藤選手)です。エイゴ君と色んな人が協し合って出来てきた。 カジさん(GOBIG実行委員長の梶野仁さん)も、ダイス君も思い浮かぶんですけど、やっぱりエイゴ君かな。

—今年からマッチメイク方式になることについてどう思いますか?

WANKY:予選で1位2位に入れたら凄い楽だと思うんです。 あの方式はやったことないんですけど、新鮮さがあっていいと思います。予選の順位が良くないと走る回数が多くなるんですけど、その分乗れる(コースに慣れ、思い切ったライドが出来るようになる)から面いと思う。 見てるお客さんも今までのGOBIGと違うから飽きないと思うし。 初めて見る人にも、今年からルールが違うっていうのは新鮮さがあって、面いと思います。

標は何位ですか?

WANKY:昨年2位だったので、今年は一番してます。 クオータパイプが置かれないから、みんな同じ土俵です。最近だったらヒトシ(高橋仁選手)も上手くなってるし、ダイチ(江原大地選手)、ソラ江原選手)も上手くなってるし、コータ君(釘村孝太選手)は常に上手いし、ダイス君は論だし。

—皆様に一言お願いします。

WANKY:GOBIG2017、今年で10年です。11月4日土曜日が本戦になります。場所はオフロードヴィレッジ。埼玉県川越市で行われます。今年もウィップコンテストもGOBIG本戦も両方出ます。10年ということで、も何としても1位獲れるように頑りますので、是非是非11月4日川越オフロードヴィレッジへお越しください。頑るので、応援よろしくお願いします。

“WANKY” GENKI WATANABE

映像Massive Force

GO BIG 2017 開催概要

名称:GO BIG 2017【全日フリースタイルモトクロスFMX)選手権】催:GO BIG 実行委員会 開催日時:2016年 11月 4日(土) 10:00 開場 10:30 開演 ウエストポイントオフロードヴィレッジ [埼玉県川越市中老袋 150-1] 後援:バンザイマガジン チケット:4,000 円(前売) 4,500 円(当日)※特別観覧席(スタンド40 席限定もあります ※9月29日)18 時~ローソンチケットで発売開始(L コード31932URLhttp://l-tike.com/sports/gobig2017/