もはや番組に出演する理由はなくなった!?

 10月27日放送のバラエティ番組「金曜ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)では、藤田ニコル鈴木奈々稲村亜美など、計22名の女性人たちが登場したスポーツテスト企画を放送。女性人たちは体操着姿を披露し、さまざまな企画に挑むということもあって、艶っぽい間も見られるため、視聴者人気の恒例企画だが、今回は鈴木ら常連組の他、みちょぱや、舟山久美子堀田など、約11人が初参戦。

 結果としては、みちょぱが総合優勝で幕を閉じたが、やはりいかがわしい的で競技を見届ける視聴者がほとんどのようで、前回は竹内由恵アナ、香アナなどテレ朝美女アナが出演し、普段では絶対に見られないMの字のように脚を大きく開くようなポーズ披露が話題になっていたものの、今回は女子アナの出演がなかったことを不満に思う視聴者も多かったようだ。

 ただ、そんな竹内アナらとは逆にもはやこの企画に不要とネット上で名前が上がっているのがmisonoだ。

misonoはこの企画で毎回行われている50メートル走で連覇を達成しており、運動神経がいいことで知られていました。ただ、33歳となった現在、今大会の50メートル走では1位になったみちょぱらに敗北して結果は5位。テレビ出演もそれほど多いわけでもないため、misonoはこの企画にかけているところもあり、週6でジムに通うなど、入念に準備をしてきたようですが、その割には総合順位も3位と世代交代をイヤでも感じる内容でした。今後どうしても出演させなければならないというわけでもないでしょう」(エンタメライター

 また、50メートル走での敗北後には若手たちに髪型などをイジられまくったmisonoは「ちょっと待って! 15年出続けてから言え」と一。ただ、これには共演したFUJIWARA藤本敏史が思わず「(活動期間の15年を)ギュッとしたら1年」と皮じみた言葉をぶつけていたように、そのウザい言動には視聴者もイラっときたようで、「やっぱ、misonoはウザいわ」「大して売れてるわけじゃないのになんでこんな偉そうなの?」「出続けなくていいから、引退して」「そんな自慢よりいつ引退するんだよ」と言われたい放題だった。

 年齢のもあり、今後の下克上はかなり難しいと思えるが、果たして次回以降はキャスティングされるのかも注だ。

田中康)

アサ芸プラス