アメリカ・フロリダ州オーランドにある、世界最大のディズニーリゾートウォルト・ディズニーワールドリゾート」。

【フォトギャラリー8枚】憧れのフロリダ「ウォルト・ディズニー・ワールド」で年越し!

ディズニーファンなら一度は行ってみたいと思う、憧れの場所ですね。

今回はそんな「聖地」での年越しをぜひおススメしたい、3つの理由をご紹介します。

1. 年越しプログラムが、とにかく手で!

ウォルト・ディズニーワールドには、4つのテーマパークがあります。

そのうち、12月31日から1月1日にかけて終営業を行うのは、マジックキングダム、エプコット、ディズニーハリウッドスタジオの3つのパークです。

マジックキングダムでは、年越しの間に合わせて、花火プログラムファンタジーイン・ザ・スカイ」が行われます。

花火」といっても、あなどってはいけませんよ。

ディズニー音楽に合わせて、夜空花火が打ち上がるのですが、その量が凄まじいのです。

アメリカらしいスケールの大きな花火は、夜空を明るく照らしてくれます。

さらに、シンデレラ城の向こう側だけではなく、パークをぐるりと360度取り囲むように、花火は打ち上がっていきます。

ファンタジーイン・ザ・スカイ」は、新しい年を迎えるのにふさわしい花火プログラムと言えますね。

ちなみに、毎年12月31日マジックキングダムは、一年で一番混雑する、と言われています。

場合によっては、入園制限が行われ、パークチケットを持っていても入れない…ということもあります。

混雑緩和のため「ファンタジーイン・ザ・スカイ」は、前日の30日にも、まったく同じ内容で行われます。

30日はマジックキングダムでプレショー31日はホテルやほかのパークで過ごす、というのも一つの方法ですね。

以下は、2017年な年越しプログラム一覧です。

エプコットは、世界のパビリオンで、ダンスパーティーやワゴン販売が行われ、とてもやかな雰囲気になります。

ディズニーハリウッドスタジオでは、ダンスパーティーに加えて、レギュラーショーの「スター・ウォーズ:ギャラクティック・スペキュタクラー」の年越し演が行われます。

詳しいプログラムの内容は、ウォルト・ディズニーワールド公式ウェブサイト英語のみ)をご確認ください。

ちなみに、直営ホテルでは、31日のだけ、特別なコスチュームを着たキャラクターに会えるイベントを行っているところもあります。

クリスマスも楽しめる!?

2. クリスマスと年越しを一緒に楽しめる!

東京ディズニーリゾートの場合、クリスマスイベント12月25日までになっています。

26日からは、年越しとお正月に向けた準備が始まりますよね。

実はアメリカディズニーパークでは、26日以降もクリスマスショーやパレードが行われているのです。

これは「お正月」という文化がなく、クリスマス休暇が1月1日まで、というのが大きく影しています。

ウォルト・ディズニーワールドでは、12月31日クリスマスのキャッスルショーや、パレードが行われています。

クリスマスイベントは行ってみたいけど、年末年始までは休めない」という方も多いと思います。

年越しなら、クリスマスと両方楽しめますので、なんだか得した気分になれますね。

3. 年越し専用のチケットは不要!

東京ディズニーリゾートの場合、年越しの特別営業時間帯は、通常のパークチケットや年間パスポートは使えません。

ディズニーホテルオフシャルホテルの宿泊者、もしくは事前申し込みで抽選に当たったゲストしか、パークに入ることはできません。

しかし、ウォルト・ディズニーワールドの場合、終営業を行う3つのパークは、いずれも通常のパークチケットで入ることができます。

直営ホテル宿泊者の場合は、マジックバンドを入場ゲートでかざせば大丈夫です。

ただし、31日大日のマジックキングダムは、東京ディズニーリゾートにも負けないくらい、人でごった返します。

場合によっては、入園制限で入れなくなることもありますので、できればのうちから入園しておく、もしくは31日はほかのパークホテルで過ごす、という選択肢も考えておきましょう。

一生に一度は、ぜひここで!

一生に一度は、ぜひここで迎えてほしい!

日本の年越しは、除夜の鐘を聞きながら、年越しそばを食べてしっとり迎える、というのが多数だと思います。

しかし、アメリカの年越しでは、ノリノリダンスミュージックに乗せて、踊りながらカウントダウン間を待ちます。

夜空を照らす数の花火、そして近くの人と新しい年を祝い合う…。

ウォルト・ディズニーワールドには、ここでしか味わえない年越しの感動があります。

「いくらぐらいかかるの?」「何を準備すればいいの?」と気になる方は、ウレぴあ総研【海外ディズニー】フロリダ「ディズニーワールド」へ旅行するにはいくらかかる? 費用・行き方・注意点まとめで、詳しい情報をまとめています。

ディズニーする方なら、ぜひ一度、年越しの間をここで迎えてみてくださいね

マジック・キングダム「ファンタジー・イン・ザ・スカイ」