チャンピオンズリーググループステージ第4節の2日11月1日に行われ、グループHでMF香川真司が所属するドルトムントAPOELが対戦した。香川公式戦2試合ぶりの先発出場となった。

 1分2敗の未勝利で3位に沈むドルトムントグループステージ突破に向けて負けられない一戦は、立ち上がりからAPOELゴールに迫る。開始10分、香川エリア内中央に飛び込み、左サイドからのクロスを頭で合わせるが、クロスバー上に外れる。

 さらに11分にはエリア内右のクリスティアン・プリシッチが右足ボレーで狙い、14分には香川のCKからエメル・トプラクがヘディンシュートを放つが、どちらも相手GKナウセ・ペレスの好セーブに阻まれた。

 ドルトムントAPOELゴールをこじ開けたのは29分。エリア手前中央の香川ユリアンヴァイグルからのボールを右足アウトサイドで前線へ送ると、この絶妙なスルーパスでラファエル・ゲレイロがエリア内に抜け出し、左足シュートで先制点を挙げた。

 ドルトムントはこのまま1点リード折り返したが、後半に入って51分に一の隙から同点弾を浴びる。APOELはカルロンがエリア内左の深い位置から折り返しニアで受けたミカエル・ポテが反転から右足を振り抜いて、ゴール右隅に決めた。

 追い付かれたドルトムント55分、香川エリア手前中央に持ち上がり、右足シュートを放つが、わずかにの左に外れる。63分にはマルクバルトラがエリア内中央からオーバーヘッドで狙うが、GKペレスにキャッチされた。

 さらに76分、FKのこぼれ球を拾った香川エリア手前中央から強シュートを打つが、相手DFにブロックされる。77分にはプリシッチエリア内左からクロスを送り、ファーのピエール・エメリクオーバメヤンが頭で合わせるが、シュートクロスバーに弾き返された。

 ドルトムントは猛攻を見せたが、反撃が実らないままタイムアップAPOELと2試合連続で1-1のドローに終わり、またも今大会初勝利を逃した。なお、香川フル出場で1アシストを記録した。

 11月21日に行われる次節、ドルトムントは首位のトッテナムに勝利が必要で、なおかつAPOELが2連覇王者のレアル・マドリード相手に引き分け以上でないと、突破の可性が消滅する。

スコア
ドルトムント 1-1 APOEL

【得点者】
1-0 29分 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント
1-1 51分 ミカエル・ポテ(APOEL)

絶妙アシストで先制点を演出した香川真司 [写真]=Bongarts/Getty Images